しつけはおおらかだったんですね

育てたいと考えている親御さんが大多数です

子どもの創造力がぐんぐん伸びますロープ木片「ヘンだよ」「またまた!」と、素直に受け止めてくれないこともあるかもしれません。でもそう言われるのを怖れて、ほめたいのにほめないなんておかしな話です。子どもに与える影響を思えばささいなことです。受け流して、どんどんほめてください。「今日の寝癖、かつこいいー」でもいいぐらいです(笑)。

子どもを叱ることによって

最初は努力がいるかもしれませんが、ほめるほうもだんだん気持ちよくなってくるのです。今まで見えていなかった子どもの良さや成長ぶりがよく見えるようにもなります。ほめられた子どもも、どんどん自信をもって自分から何かを始めようとするでしょう。こんなにいいこと尽くしなのですから、ほめない手はありません今までの「怖くて厳しいお母さん(お父さん)」というキャラを変えることを怖れず、どんどん「ほめキャラ」に変わっちゃってください!ほめ方には三種類あるほめ方も子どもとの関係やシチュエーションによって変えると、類あると考えています。より効果的です。ほめ方には三種1とにかくなんでもほめまくる一つは「マシンガンのようにほめまくる」。幼児の心身の健康と賢い脳を手に入れましょう

児童を自分との世界に引き込むことができます

そして、一応、泣かしちやったほうの親が先に謝るというのが親同士のルールだと思えばいいんです。自分の子のほうが悪いから謝るのではなくて、それが社会生活を円滑にするための親同士のルールだと割り切ってください「まだ十分にしつけができていないこと」や、そもそも「元気が良すぎること」を謝る必要はありません。「(結果的に)叩いてしまった、泣かしてしまった」という部分についてのみ謝るのだと割り切ればいいのです。仮に「ひどいお子さんね」とか「どんなしつけをしているのかしら」なんてイヤミを言われても、子どもや親自身の人格を否定される筋合いはどこにもありません。反論するのも時間の無駄ですから、そして、「(あくまでも結果的に!)そんなこと、神妙な顔をしながら軽く聞き流してください。

幼児たちは望んでいます私はその意味で

子どもは遊びのなかで五感を使うことで
子どもだけでなく、お母様にも不快な思いをさせてしまってすみません」ということだけ別にこちらだけが悪い訳じゃないけれど、謝ればいいのです。狭い道ですれ違いざまに肩がぶつかり、「あっ、ごめんなさい!」と言うようなものですとりあえず自分から相手も良識のある人なら、「こちらこそ、ごめんなさい!」と言ってくれるはずです親の人間関係構築力で子どもを守る!男の子は、小学生になっても休み時間には仲間でじゃれあいますし、が大好きです中学生になってもやっぱり友だちと乱暴につきあうこと学校高学年以上になると、やりすぎることが少なくなりますし、少々やり過ぎたとしても自分たちで問題を解決できることどうしても大人が介入する場面が多くなりまが多くなるので騒ぎになることは減るのですが、園児から小学校低学年のうちは、でも述べたように、子ども同士のケンカには大人が介入しないというのが大原則なのですが、たくさんの子どもを預かる保育園や幼稚園や小学校ではそうもいかないでしょう。誰かが誰かを叩いて泣かしてしまい、しかもアザができてしまったりしたら、園や学校としては保護者に報告しなければなりません。本来であれば、預けている間にそういうことがあったという事実のみを受け止めて、子ども同士の人間関係には立ち入らないというのが親のあるべき姿であるはずなのですが、そうは考えてくれない親御さんもいます先述の、公園でのお友だちとのトラブルと同じように、まずは謝り、親同士の大人の関係を損なわないようにするしかありません。特に園や学校では、公園と違い、同じお友だちとずっとつきあっていかなければならないので、親同士の信頼関係は子どもの居場所を守るうえで不可欠です「困ったちゃんのママ」みたいな視線を感じて、ママが引きこもってしまうと余計に事態を悪化させます。
教育のうちで最大のものではなかったかとこれも

第一子の才能を伸ばす

治療が必要なので、すぐに病院へ水ぶくれはか虫刺されやあせもなどをかきむしると、とびひになることがあります。とびひとは、皮膚に細菌が侵入して起こる病気。患者との皮膚接触によってうつることが多く、感染するとかゆみのある水ぶくれができます。くとすぐに破れて、いつまでもじくじくしています。また、水ぶくれの中にはたくさんの菌がいるため、それが飛び散るとあっという間に全身に水ぶくれが広がってしまいがちです。

子どもはこれから社会に出ていくのですから何でも叶うと思ったら違うんだよという事を教えなければならないんですね

子どもの性格ではなく
とびひになったら、市販の薬をつけるなど家庭でのケアでは治りません。抗生物質の飲み薬と軟こうによる治療が必要なので、水ぶくれに気づいたら、また、タオルなどを共有しているとうつるので、きょうだいがいる場合はタオルも別にして、できるだけ接触しないよう気をつけましょう。つぶれる前にガーゼなどでおおって、早めに小児科か皮膚科へ行きましょう。日焼けで真っ赤になって、痛そう。どうケアしたらいいですか?うっかり日焼け止めを塗り忘れて海で遊ばせたら、顔や腕が真っ赤になってしまいました。