子どもは時間内で終わらせることを意識するようになり

幼児が発熱冷やす?温める?

育てること手足を細かく
豪傑もすくなくないようだから、教育の男性化にとって、まさに願ってもない新風となろう。小学校1年生のクラスが算数の勉強をしている。問題は「たろうくんがえんぴつを11ほん、はなこさんがえんぴつを三ぼんもっています。ふたりのえんぴつをあわせるとなんぼんになりますかというのである。君が手をあげた。先生がどうしたときく。たろうくんにはみょうじがないんですか、妙をことをきくものだと先生が苦笑していると、B君が手をあげるみつびしえんびつだけど、たろうくん、なにえんびつですか」はなこさん、社会科ととり違えているのか。いまは算数の時間なのに、先生はうろたえる。

子どもたちも
次々質問「いろえんぴつですか「けずってあるんですか、ないんですか」「けずりきですか、ナイフですかその間、A君はお母さんの約束のことを思い出す。お母さんは、高級鉛筆を1ダース買ってやると言った。それなのに、まだ買ってくれない。忘れちやったのかな。お母さん、都合の悪いことはすぐ忘れるからな。こんどデパートヘ行ったら買ってもらおうっと......。

きちんとやらなければ巷の育児書にも

そのことを感じられるように子どもには育って欲しい。命を感じる感性を持って欲しい。愛着ではなく、全ての命のつながりを感じて、個々の命に慈愛の気持ちを持って接することができるようになること。そうして初めて、本当の意味での平和を目指すことができるようになる。自分の好きな動物の命だけが大切だと言う感性では、平和の意味など分かりようもない。それは閉鎖的なものの見方だからだ。

子どもにはサンマが足りないと言われますだから、いじめも平気でできるようになるのかも知れない。そんな面倒なことを考えてしまう私は、子どもに生き物を採集して飼育することを教えた。これは全ての子どもにして欲しいことだ。最初は虫網でただ蝉を捕まえる楽しさを教えた。生き物を捕まえると何だかわくわくしてくるのは、狩猟をしていた頃の記憶なのだろう。長男は直ぐにはまった。

子育てなんか

N君には、やりたいことがありました。を出していましたっけ.N君は言います。「陸上で、自分を試したい」陸上競技です。そういえば小学校でも大会に出て、それなりの記録それからです、N君が変わったのは朝早くからランニングに出かけます。で往復します。部活で走ったばかりなのに。夜は家から4キロ先の図書館ま時折、私も練習風景に出くわすことがあります。

幼児は電車の中で騒げばあめ玉がもらえると思ってしまうかもしれませんとりあえず

あれはたしか、朝5時頃でした。散りゆく桜を見上げながらウォーキングしていると、ら揃いのユニフォームを着た2人が坂を下ってきましたN君とその部活仲間です。「あれ?何してるんだろ。こんな早くから、まさかお花見?走っているならわかりますが、歩いてきたので不思議でした。彼らの背後には、澄み渡る大空。そしてはらはら舞う、無数の花びら。その時です。2人は私の10メートルほど前で立ち止まり、くるりと背中を向けました。一体、何が起こるの?私もその場にピタリと止まり、息を飲んでその光景を見つめました。一瞬の静寂。

      子どもを合宿で発見すると
      けがのすすめたくましかった昔の幼児たち
      子どもの比較対象は以前の状態と今の状態なんですね