幼児からは見えないように

幼児の表情が硬い場合には

子どもたちから奪わないでくださいビックリ
お互いに共通認識を持っていれば「あそこ」と言えば、お互いの共通認識の「あそこ」と理解するから通じるのです。しかし、全く知らない他人とは共通認識を持っていない為に伝わらないのです。それは日本が単·民族、単·文化、単一言語の歴史を持っている事に由来します。それ故日本人には共通認識が多く、共通認識の部分を省いてしまう傾向が有るのです。しかし、世界の中で単一民族だけで国家を形成している国は極めて珍しいのです。

幼児に遊びと生活をまかせることになっていますから
ですので、海外の人は5W1Hを重視した会話をしなければ伝わりません。日本人の言語力の低さが生じてしまうのです。その言語力の低さが様々な問題の温床にもなってしまうのです。例えば、子供が「ごはん」と言えば、親は「ご飯が食べたいのだろう」と察して子供の要求を理解します。何気に使っているこうした会話は、思考の発達やコミュニケーション能力の低下が懸念されるのです。

しつけについての専門誌などでもたびたび取り上げられます

子どもがいやだと言っからといって、すぐにやめさせるのでは、意志の弱い子どもにしてしまうのではないかという心配もありますそこで、子どものお尻を叩いても練習させようとするでしょう。子どもの方では、練習と聞くと、暗い気持になるのです。どうしてこのような家庭悲劇が起きるのでしょうか。それは、稽古事の先生の中に子どもの心理について知らない人が少なくないからです。自分が大人になって身につけた技術教育をそのまま子どもに当てはめようとするから、子どもの心理や生活全体のことを無視した宿題を出すのです。

教育論に見られるひとつの進歩はそのような先生は、1日に1分でも11分でも多く練習すれば、それだけじょうずになる-と単純に考えています。そのようにして練習に励めば、才能が輝き出るようにも言うでしょう。量的に積み重ねれば、質的にもよくなるというとに単純な論法です。たしかに、そのような経過の中で、才能が輝き出た子どもがあるかも知れません。しかし、そのような例があっても何万人の中の一、二人です。

幼児は変わっていきます

きっと次は大丈夫さ」と思えるので、すぐに立ち直ってまた挑戦します。こうやって、親の手をほとんど借りなくても、自分で歩いていける、自分で頑張っていける、自立した子どもになっていくのです。私の考えるのゴールなのです。さらに脳のココを鍛えて才能を引き出す!まねっこ脳…親のマネで、できることがどんどん増える「ミラーニューロン」の働きこれまで述べたように、脳を育てるにはコツやステップがありました。この章ではさらに踏み込み、この時期の子どもの成長に欠かせない脳の各機能について、お話します。5歳までに、親は子どもの脳をどんなふうに鍛えていけばいいのか、育て方のポイントをお伝えします。

幼児自身の言葉を引き出したことにはなりません

おおよそ1歳頃からの子どもの脳には、大事な働きの一つはねっこ脳」があります。たとえば乳児期の子どもは、お母さんが手を動かすのをまねて同じように動かすことがあります。親などまわりの大人の行動をじぃっと観察して、それを自分の脳の同じ場所への刺激としてとらえる機能があるからです。これは「ミラーニューロン」といって、自分が体験しなくても、体験している人を見て同じ反応を脳内に起こす神経の働きなのです。お母さんがお出かけ前に鏡に向かって化粧をしているのを見て、子どもがクレヨンを手に持って唇に塗ろうとする動作なども見られます。

      子どもとの間の葛一度始めたものは
      子どもバーカみたいと言ったりして
      子どもは自然に目覚めて