幼児から遊びの時などと考えて

子どもの個性を

育ての対極にある状態と言えます
誤解のないように書いておきますが、だから放任でいいのですよ!」と言ってるのではありません。念のために。お母さんが男の子という生き物をもう少し理解して、その特性に応じた効果的な関わり方をすることで、親子のすれ違いを少なくしていき、お互いが気持ちよく、そして子どもがよりよく成長できるようにしたいと思っています。ここではもう少し男の子という生き物の特徴を知り、相手の理解ができるようにしてみましょう。突然走り出す!衝動性が強い◆いきなり予想外のことをしでかす子どもの特徴のひとつは「衝動性」が強いということでしょう。とりわけ男の子はその傾向が強いように感じます。

育ての一つとしてと聞いて
何事にも個性や差は存在していますので、絶対というわけではありませんが、保育士をしていてそのように感じます。衝動性というのは、突然の動きや動作のことです。予想のできない動作は時としてケガやトラブルにつながります。ある市内公立保育園で、てでしょうか?1年間に病院にかかった子どもの数の統計をとったところ、男子が女子を上回りました。他の都市の統計などを見ても、やはり男の子のほうがケガは多いです。

育児のおくれがあらわれている

それは、子どもの欲求にそのまま従っているか、それに負けてしまっている親だからです。つまり、子どもを溺愛しているのです。ですから、子どもは自己中心的です。わがままです。このわがままをだんだんになおしていかねばなりません。わが国の大人たちの公衆道徳の欠如は、長い間の家族制度と、封建制度によって作られたものが多いのです民主主義が建前になったとはいえ、本音は前の時代のものがたくさんにあります。

幼児が自発性の発達しているよい子です本音を変えなければなりままず、大人たちが考え方を変えるには、車中でどのようなことを守るべきかについて、他人に迷惑をかけないばかりか、他人を援助するえ合ってほしいのです。教師と両親がともにその話し合いに参加することは、ともに子どもに公衆道徳を守らせるための項目を決め、子どもを教育しながら、教師も両親も自分自身の教育をすることが必要だからです。-ことをどのように考え、実際にどう教育したらよいかを、両親も教師も考子どもに対する教育が先になってもよく、親たちが芝生に入ろうとしたり、紙屑を捨てたとき、子どもの方から「それをやめよう」という発言が出れば、ハッと気がつく両親があると思います。座席についても、混んできたら、自分から席を立つように教育し、とくに老人やからだに不自由のある人に席を譲る子どもがあれば周囲の大人も気がつくでしょう。公衆道徳がしっかり根を下ろすまでには、まだまだ道は違いという感じですが、両親に対する教子どもに対する教育も行い、その両方から、公衆道徳教育が定着することを願わずにはいられま育とともに、このような面から、子どもの思いやりを養うことは、人格形成にとっては重要なことです。

子育てに絶対に欠けてはいけない事が抜けていたと分ってきたのです

10歳前後で自然に落ち着いてくる「まともな大人になれるのかしら?」と不安になることも多々あるでしょうあんまりに元気が學ぎる男の子を育てていると、でも、大丈夫子どもは前思春期を迎える10歳前後に劇的な変化を遂げると、多くの学校や塾の先生が口をそろえます。学年にして小学校4年生前後です。それまで落ち着きがなくてうるさいばかりだった子どもが、とたんに静かになり、落ち着きを身につけるのです特に「わんぱく坊主」や「やんちゃ坊主」として有名だった子ほど、そういう傾向が見られるといいます。ちょうど「いい子」が思春期以降、問題行動を生じ始めるのと裏腹にですトータルで考えれば、どの子もみんな同じだけ手がかかるようにできているのです。それが早いか遅いかの違いでしかないの小さいときに手がかかる子は、その時期さえすぎればあとは自力ですーっと伸びていきます。

子どもたちは不安で不安で仕方がない

目の前の我が子の怪獣っぷりに目を覆いたくなるときこそ、その子が10数年後に立派な青年に育った姿でも思い描き、「きっと大丈夫」と思ってあげてくださいきっとその通りになります。しつけはおまけわんぱく坊主」や「やんちゃ坊主」が叱られすぎてせっかくの才能をつぶされ、叱る親のほうもヘトヘトになってしまうというよくあるパターンは、「しつけ」にばかり気を取られ、もっと大事なことを見落としてしまうから起こる悲劇です。社会のルールを知ったり、人に迷惑をかけないように気を遣ったりすることも、大人になっていく過程ではもちろん必要なことではありますが、そんなことは些末なことだと思います。言語を自然に覚えるように、場数さえ踏めば、社会性なんてものはほうっておいても自然に身につきます。「しつけ」なんて、「自立したたくましい一人の男を育てる」という壮大なプロジェクトにおいては、おまけみたいなものなのです。

      幼児は必ず本好きになる字が読めるようになってきたら
      子どもも少なくありません
      幼児たちといっしょになってしたので