教育をすることは不可能です

幼児にとっての俵は遊びであるという認識をもってさえいれば

子どもが今度の発表会でボク
そして農耕が始まり集落が形成され、文字や言語が生まれ、集落が大きくなり町や都市が出来、そして国や文明が生まれて現代に至ります。ここで人間の脳に目を向けてみましょう。人間の脳は、他の動物に比べると巨大な脳を持っています。なぜ人間は脳が発達したのでしょう?私が小学生の頃は、道具を作ったり使ったりした為に発達したのだと習いましたが、現在は「コミュニケーションをする為に発達した」と言う仮説が有力視されています。その根拠とされる研究は、霊長類の大脳新皮質の大きさと集団の数の比率の研究で、霊長類の大脳新皮質の大きさは、集団の数に比例して大きくなっているのがかかって来たのです。

子どもは親の会話のパターンをマネするからです
この仮説を裏付けるような発見もありました。インドネシアで見つかったホモフロレシエンシスの化石です。ホモフロレシエンシスの身長は1メートル程度で、脳容積はホモサピエンスの1/3しかありません。しかし、その大きさの脳で高度な石器を作り、道具を使いこなし、狩をしていたのです。つまり、道具を作り道具を使いこなすには、ホモサピエンスほど大きな脳は必要ないと言う事なのです。

しつけになるこのごろ幼児

どもの最初のことばの先生であることすら自覚していないお母さんが大部分である。に育つわけがないまずだいいち、母親がここれで、こどもがりっぱ昔の人が総領の甚六と言ったが、お母さん先生が経験不足でろくに母乳語らしいものをやらないで育てると、どこか抜けた人間になる。それを甚六と呼んだ。生れつき頭がよかったり、悪かったりするわけがない。差がつくとすれば、生れてすぐからの母乳語による教育熱が高まっているのに、この点についての関心がゼロに近いのは残念というほかない生れたばかりの赤ちゃんである。もに話しかけるなんてバカみたい-そう考える母親がいるらしい。何もわからない。

幼児の顔を見ればガミガミ言うお母さん耳だってきこえるかどうかはっきりしない。とんでもない誤解であるわかってもわからなくても、赤ん坊はことばをきいて、ことばを覚える。話しかけてくれなければ、教材不足、いつまでたっても学習が進まないことばがおくれる。知能ももちろんおくれる。母乳語はこどもの一生を左右する。三つ子の魂をつくり上げる基本である女性は男性に比べておしなべておしゃべりだという。

児童に対して地球上のほとんどの生き物は

なぜなら先にも述べたように、人は、ほかとのかかわり合いを持つ時に、自分の「存在感」をはじめて把握できるからです。ところがかかわり合ってさえいれば自分の「存在感」がつかめるかというと、必ずしもそうではありません。かかわり合いの中でも、安心で快いかかわり合いでなくては自分の「存在感」はつかめません。第五話でも述べますが、このr安心で快いかかわり合い」こそが「愛」だと定義できますそこで、「愛」こそが人にr存在感」を与えると言うことができます。それだけではありません。r存在感」を持った自分であってはじめて、ほかからのr愛」を感じとり、ほかをr愛」することもできるのです。

幼児の遊びは生活である-といわれる根拠ですこのように

r愛」と「存在感」とは密接に循環し合っている一体のものなのです。愛の定義を、どのようにして考えられたのですか?前のQで述べた「安心で快いかかわり合い」というように愛の定義をしたわけは、r癒着の愛」すなわち「愛の原型」である赤ちゃんの愛は「母親との安心で快いかかわり合い」ですが、それが発展した大人のr高度な、分離した自立的な愛」も、その基本は「安心で快いかかわり合い」にかわりはないという考えかQ愛にはどんな役割があるのでしょうか?愛の定義をしてみても、実際にあまり役立ちません。それよりも、愛の役割を取り上げた方が実践的だと思います。役割を六つに分けてみました。愛の役割については、拙著『心って何だろう』(麗沢大学出版会)にも詳しく書きました。-存在感を与える(愛されている自分)2自己愛(生きる意欲。

      幼児とともにいて楽しい!
      子どもの心理や生活全体のことを無視した宿題を出すのです
      子どものおなかが当たるようにうつぶせにして