家ばかりの問題ではなくて

あなたの家の工事

の可能性がありますので、営業マンと話が伝わっていないこともあり、あとあ
それほど、現場管理は重要なのです。
また、足場代無料!や、「近所で塗装しているから運搬費が無料」と銘打って、営業をしている会社さんがありますが、足場とは、そもそも職人さんが「命と生活をかけて作業する場所」です。
その大切な足場を無料にするという事は、どこかに足場代金を上乗せしていないと、とても無理な事なのです。
後の章でもお話しさせていただきますが、標準的な足場代金は、全体の総工事費の10%~20%前後の金額が相場ラインだと言われています。

足場について

2016年現在、足場といえば、安全性の観点から、しっかりした足場が求められています。

施工店さんが組み立てるかどう

クサビ式足場といい、専門の足場材料をクサビを打つようにがっちり固定していくような頑丈な足場の事を言います。
一般的に足場金額の相場では、おおむね30坪くらいの足場組工事では安全性の高いクサビ式足場の場合、㎡単価で800円から1000円位が相場だと思います。
家の形が少し複雑だったり、カーポートやベランダ屋根がある場合など、一概には言えませんが、およそ30坪くらいの足場組み立て金額の相場は15万円位から20万円くらいです。
15万円や20万円を無料にするという事は、そのかどこかに上乗せしないととてもサービスできるような金額ではないことがわかると思います。
おおよその、塗装工事全般に占める足場金額の割合は、総工事費の10%~20%位が標準的な割合です。

 

施工業者を選ぶとき

掃除が非常に楽我が家の場合また、昔はよくありましたが、簡素なパイプを組み合わせただけの単管パイプ足場では、安全性の面からみても、安心して工事は出来ません。
万が一足場から転落したり、風で足場が倒壊してしまったり、塗料を落としてしまえば、車や通行人がいるようなところでは、どんなに被害が広がるかは、はかり知れません。
安全性の高い、安定した足場こそ、働く職人さんとお客様にとってみても、安心できる作業環境となり、不安をimmでも減らすことができる、大切な工事項目なのです。
あなたの家の工事で、足場のトラブルで他人に迷惑がかかるようなことは、この先も長くその場所で暮らしていくあなたにとって、あってはならない事なのです。
ただし現場の状況で、どうしてもパイプとバイブを組み、、せただけの単管パイプ足場でないと「足場が建てられない」場合もあります。
その場合は、補強対策や風対策などしっかりと事前に計画が必要です。

現場調査の重要性職人さんや、足場の重要性についてはお分かりいただけたかと思います。

家の庭と考えればよい次に、相談や見積もりについて少しふれますと見積もりについては後の章で詳しくお話しいたします。家の外壁や屋根は、外壁や屋根の種類によって、塗るべき塗料が違います。
また、家の傷み具合や劣化の程度もまちまちなので、それに適した補修方法や材料の選定を行わなければ、長持ちする塗装工事は出来ません。
私の母の家のように、劣化して傷んだ部分をそのまま塗ってしまえば、最悪雨漏りしてしまう状況になります。
ほんの半年や1年で、塗料がはがれてきたり、そこから水が浸入してしまい、劣化していない部分まで被害が広がったり、見積もりとは、単なる数量の計測だけではなく、今の傷み具合の現状を把握して、最善の補修方法を提案して、それを確実に実行していくための計画表でなくてはいけないのです。

家揃って団欒工事が必要になった場合

綴じた資料にはページ数を打ちますそれを、ただ単に縦横を測り、大体の経験で数量を計算して単価を掛け合わせたような見積書では、お客様も何が何だかわからないと思います。
ですので、お見積書には次のような項目が記載されているのが望ましいです。
1)傷んだ部分の補修方法ややり方、その費用が確実に掲載されている事2)ただ、る事。
「いいものを塗ります。」というだけではなく、どこのメーカーのなんという名前の塗料を、どこの場所に塗るのか?という事が明記されていなければ、わからないので、その記載があ3)「塗るべき場所の名前の明細」が記載されている事です
ここで、3番の塗るべき場所の明細名前の明細ですが、お客様は塗るものだと思っていても、業者側は塗らないことになっていて、トラブルになるケースがあります。
後の章で詳しく書きますが、塗装工事が終わって、お客様側では当然塗ってくれると思っていても、実際塗られていなくて、問いただしてみると、そこはお見積もりに入っていませんとトラブになり、高い追加料金を請求されるケースがあります。
その個所とは、ちなみにやってくれると思っていたが、やってくれなかった箇所は、1、ベランダの床の防水塗料すごく大切な個所です2、雨トイ屋根に降った雨を流すための、、や横樋戸袋雨戸·シャッタ5、門扉や塀です。

工事を見学するのもよいでしょう

シェルパは存在し家づく塗るべきところの項目も、外壁や屋根以外にも雨トイが付いているところの破風板J。
ベランダの下や玄関の天井部分の軒天井
建物の基礎と外壁の境にある金属製の水切りまどの上にある雨除けの庇(ひさし)霧除けなど多岐にわたります。

補修すべき場所と「何という塗料の名前の商品を、そのような項目、すどのように塗っていくのか」の方法などの細かい記載があってこそ、信頼できる業者さんであり、業者を選ぶ際の判断基準で要確認事項です前のページのまとめ。
どんな業者に頼めば安心して任せられるのか?
まとめますと、見積もりは複数取った方が良い。
あまりにも安い金額や、大幅な値引きがない事。
·快適な作業環境を確保したり、お客様と職人さんの橋渡しになる現場監督、現場管理者は誰がやるのか?はっきりしている事·足場は安全性に優れたクサビ式足場であると望ましい。


綴じた資料にはページ数を打ちます テープライト 建築群は歯抜けになったに違いなししだ