子どもは時間内で終わらせることを意識するようになり

幼児が発熱冷やす?温める?

育てること手足を細かく
豪傑もすくなくないようだから、教育の男性化にとって、まさに願ってもない新風となろう。小学校1年生のクラスが算数の勉強をしている。問題は「たろうくんがえんぴつを11ほん、はなこさんがえんぴつを三ぼんもっています。ふたりのえんぴつをあわせるとなんぼんになりますかというのである。君が手をあげた。先生がどうしたときく。たろうくんにはみょうじがないんですか、妙をことをきくものだと先生が苦笑していると、B君が手をあげるみつびしえんびつだけど、たろうくん、なにえんびつですか」はなこさん、社会科ととり違えているのか。いまは算数の時間なのに、先生はうろたえる。

子どもたちも
次々質問「いろえんぴつですか「けずってあるんですか、ないんですか」「けずりきですか、ナイフですかその間、A君はお母さんの約束のことを思い出す。お母さんは、高級鉛筆を1ダース買ってやると言った。それなのに、まだ買ってくれない。忘れちやったのかな。お母さん、都合の悪いことはすぐ忘れるからな。こんどデパートヘ行ったら買ってもらおうっと......。

きちんとやらなければ巷の育児書にも

そのことを感じられるように子どもには育って欲しい。命を感じる感性を持って欲しい。愛着ではなく、全ての命のつながりを感じて、個々の命に慈愛の気持ちを持って接することができるようになること。そうして初めて、本当の意味での平和を目指すことができるようになる。自分の好きな動物の命だけが大切だと言う感性では、平和の意味など分かりようもない。それは閉鎖的なものの見方だからだ。

子どもにはサンマが足りないと言われますだから、いじめも平気でできるようになるのかも知れない。そんな面倒なことを考えてしまう私は、子どもに生き物を採集して飼育することを教えた。これは全ての子どもにして欲しいことだ。最初は虫網でただ蝉を捕まえる楽しさを教えた。生き物を捕まえると何だかわくわくしてくるのは、狩猟をしていた頃の記憶なのだろう。長男は直ぐにはまった。

子育てなんか

N君には、やりたいことがありました。を出していましたっけ.N君は言います。「陸上で、自分を試したい」陸上競技です。そういえば小学校でも大会に出て、それなりの記録それからです、N君が変わったのは朝早くからランニングに出かけます。で往復します。部活で走ったばかりなのに。夜は家から4キロ先の図書館ま時折、私も練習風景に出くわすことがあります。

幼児は電車の中で騒げばあめ玉がもらえると思ってしまうかもしれませんとりあえず

あれはたしか、朝5時頃でした。散りゆく桜を見上げながらウォーキングしていると、ら揃いのユニフォームを着た2人が坂を下ってきましたN君とその部活仲間です。「あれ?何してるんだろ。こんな早くから、まさかお花見?走っているならわかりますが、歩いてきたので不思議でした。彼らの背後には、澄み渡る大空。そしてはらはら舞う、無数の花びら。その時です。2人は私の10メートルほど前で立ち止まり、くるりと背中を向けました。一体、何が起こるの?私もその場にピタリと止まり、息を飲んでその光景を見つめました。一瞬の静寂。

      子どもを合宿で発見すると
      けがのすすめたくましかった昔の幼児たち
      子どもの比較対象は以前の状態と今の状態なんですね

幼児からすると

子どもの場合にはそれが成功しても

幼児のおもちゃやお小遣いはどうする?地震が起こったときの基本は、まず頭を守ることです。手近にあるものならなんでもいいので、まず頭を保護し、机の下などに入るように言いましょう。また、大地震の際には固定されていないものが飛んできたり、大きな家具は倒れることもあるので、近寄らないこと。混乱した室内で、どう身を守れば安全か考えること-なども方で、親は危険を予測し、家具を固定するなどの対策をしておくことも忘れずに!親が留守にするため、子どもにカギを持たせることに。何に気をつける?(9才·男の子)カギを首から下げるのはNG人に見られないよう、だれかに見られたりなくしたりしないよう、外から見えない場所に身につけると安心です。

子どもはきっと

内ポケットに入れたり洋服のすその内側に縫いカギを持たせるとき首に下げると、遊具に引っかかったりだれかにつかまれるおそれがまたカギを開けて入るときは、つけるなどするといいですね。1人だと周囲にわからないように「ただいま」と言って入るよう言いましょう。子どもだけで行動する範囲が広がったら携帯を持たせたほうが安心?(8才·女の子)携帯を持たせるのは、子どもが安全とは限りません子どもが実際に事故や事件にあってしまったら、携帯で連絡がついたり居場所がわかっても、親がそばにいなければ子どもを守ることはできないかもしれません。連絡がつきやすくなると子どもの行動はルーズになる傾向携帯ですぐ連絡がつくと思うと親は安心ですが、子どもが安全とは言いきれません。そのことも考えたうえで、携帯を持たせるか決めて。子どもと距離をとりましょう

幼児に多く見られます

しかし、人類の歴史は戦争の歴史でもありますが、戦争を起こさない工夫もして来ました。それが「話し合い」です。この「話し合い」は、文明が発達する以前から行われていた形跡が見つかっています。話し合いとは、お互いが主張し、お互いが自重する事で成り立ちます。お互いが主張ばかりしていれば戦争になります。戦争になれば怪我をしたり死人が出たりして、お互い嫌な思いをします。

幼児に話を聞いてから先生に相談してまかせましょう

伸ばす方法も
嫌な思いをすれば戦争を避けようと言う心理が働き、主張するべき所は主張し、自重すべき所は自重しようとします。嫌な思いをしていなければ、主張はしても自重しようとはしません。それが、自己主張と自己抑制ですまた、農耕をする上で必要になって来るのが「悲回蛙」です。より多くの土地を耕すには人材が必要になり、協力し合わなければ多くの収穫は望めません。狩猟生活をしていた頃にも、人類は「分け合う」と言う習性を持っていましたが、農耕は「分け合う」と言う習性を発展させる事にな「協力したら父け与えられる」と言う、社会性の始まりです。
幼児の変化を期待しているのはわかります

幼児は今まで

聞こえないふりをすると説明が始まります。あなたは、そのしゃべりにつき合っていますか。私はつき合いきれません。「はいはいはいはい」とあしらいます。懇談会で先生から「子どもの話を聞いていますか?」と言われるとギクッとします。こんな私が言うのもなんですが、たまには聞いてやってください。いいことがあります。

教育ママという言葉が象徴しているように

内面的な心の動きを見抜く力を失ってしまいます子どもには
考えがまとまる人の頭の中には、1日いくつ言葉が飛び交っているでしょう。聞いて驚き!だそうです。それが浮かんでは消え、浮かんでは消えしています。その数なんと、3万$9万語そんなとりとめのない考えをまとめる方法があります。それは、「出す」こと。「へー」「ほー」と聞くことが、散らかった頭を整理する助けになります。話をするなどし前に進める考えがまとまると、「そういうことだったのか!」と気づいたり、ひらめいたりします。