幼児が困ったときの相談役やアドバイザーというスタンスで

かえって安心して見ていることができるようになるものです子どもにも

幼児なのですこのような
多くの場合は雑談の中で、子どもの問いかけから起こるだろう。そうでない場合には、親が子どもが食いついてくる話題を見つけたところから始まるかもしれない。対話とはあることがらについて、お互いの考えを出し合って合意を目指すことだ。また、片方の疑問に対して答えを言い放って終わるのではなく、理解に必要な情報を与えながら理解を深めさせて、結論に導くことだ。対話をする時、どちらかが完全な受け身になることはない。

育てる上で必要不可欠なものですので
お互いに、そこにある話題について考えていなければならない。そして、その考えを相手にきちんと伝えるために言葉を選び、相手の言葉についても誤解の無いようにしっかりと吟味をするのだ。そうやって、お互いの考えを受け止め合うのが対話だと考えている。まさに、個別指導の授業だろう。ここで大切なのは、理解をできるだけ曖昧にさせないこと。子どもの発言に対して、言葉足らずで何を言いたいのかが分かりにくいこともあるだろう。

教育は切りはなせない

「口答え」ができる子は強い者にも屈しない人になる再び職場をイメージしてください。中間管理職のさんとBさんがいます上司には従順なYESマンです。必要とあらば上さんは部下には厳しい人なのですが、に口答えなどしません。上司からは優秀な部下と思われています。司にも噛みつきます。上司もの口答えにはまったく参るなぁ」一方Bさんも部下には厳しい人なのですが、とこぼしますさんとBさんのどちらを応援したくなるでしょうかBさん派という人が多いのではないでしょうか自分の正しいと思うことを、自坌り強いものにも率直に伝えられる勇気は、一般に美徳とされます。

幼児には本当に強い人になってほしいと思いますではなくて自分の息子にはそういう人になってほしいと思いませんか?それなのに、自分がたてつかれるとつい「口答えするんじゃないの!」と言ってしまうのですよねまず、少なくとも、自分より圧倒的に強い存在である親に口答えする勇気は心の中で称えてあげていいと思います。また、親に口答えできるのは、親のことを心から信頼しているからです。親としては自信を感じていいところですそのうえで、口答えをすること自体を否定するのではなく、その口答えの内容が正当なものかどうかを議論するようにしま子どもは子どもなりの稚拙な論理で口答えしてきます。それをバカにしないで、前述の「聴くスキル」で、できるだけ最後まで聴いてあげるのです。そういうやりとりを通して、どもの論理的思考力が磨かれます。

幼児の心の淋しさは増すばかリでしょう私どもは

祖父母の責任感のない無条件のかわいがりも、今の社会においては大切なことだと思います。これが男の子の心に〈本当に響く〉叱り方です!「今·ここ」しか存在しない◆叱るときはその場で息子さんと生活していて、時間の感覚のズレを感じることありませんか?どうも息子の体内時計が狂っている気がします。はい、狂ってます。それも大きく。時間は社会全体で統-されているから、意味をなします。個人でバラバラだったりすると大変です。待ち合わせや約束ができませんからね。

幼児だけの留守番は極力避けてほしいですね

しかし「男の子時計」は恐ろしいことになっていまお母さんも薄々は気づいているでしょお母さんの時計はクオーツあるいは電波時計です。!社会全体ときちんとシンクロして、協調性をもって時を刻んでいます。とても高性能です。かたや「男の子時計」はというと、どう考えてもおかしいです。まず秒針の進み方が不規則です。その時々で速くなったり、遅くなったり、この時点で時計かどうか怪しい感じです。小学生のときに使った、算数セット覚えていますか?それについていた時計!後ろのところにツマミがついていて、自由に時間が動かせられるものです。

      幼児はさまざまなストレスを受けています
      子どもが話し終わるまで
      育児はうまくいかない!という

子どもにしなければなりません

育てをしているんだということを理解して

しつけというと、うっかりすると、大人の立場や気持だけで、「よいこと。悪いことを決めて、悪いことをしたときには叱る-ということになってしまいがちですが、これこそ「思いやり」のないしつけ方というべきでしょう。つまり、しつけは、子どもの立場(とくに発達心理の上での立場)を汲みながら実現すべきものなのです。「思いやり」の心はまず親たちの間でところが、そうした態度が、家族の間で割れてしまっていては、「思いやり」の心は発達しません。お母さんが、「大事、大事」と言っているのに、お父さんが、「そんな物は貸してやれよ」などと言えば、お母さんの言った言葉を聞かず、自分中心の行動の多い子どもになってしまいます。

幼児から目を離すことができませんが

そのようなお父さんは、お母さんの立場に立って考えることのできない、「思いやり」の少ないお父さんといえましょう。その意味でも、初めに述べたように、夫婦の間で「思いやり」を育てることに努力しなければなりませんそれには、二人でよく話し合うことが大切ですが、わが国の夫婦は、それを落ちついて実現できる時間と場所を持っていません。欧米の家庭では、子どもたちを寝かせたあと、二人でよく話し合うことが、習慣になっています。その際に、相手の立場を考え、気持をよく汲むことができれば、その家庭の雰囲気は温かいものになところが、自分の立場ばかりを主張し、自分の気持を爆発させてしまえば、夫婦げんかになりがちで、そのような夫婦が多くなっているのは、人格が未成熟なまま結婚したからです。それが子どもに及ぶと、ガミガミと叱ってばかりいるお母さんになったり、子どもと遊ぼうとせず、好き勝手なことをしているお父さんになる子どもは親の後ろ姿を見て育つ母親や父親の世間話の中で、他人の批評がでてくることがあります。

 

幼児の脳はまさに建設中のタワーなんです

それは、子育てに父親の要素がしっかりと入ることで、バランスの取れた人格と能力を持つ子どもに育つはずだと言うこと。この通級教室は中学卒業まで通っていたが、おそらくは役に立っていたのだろうと思う。私の前では萎縮して本音を言えないこともあったが、友人とは気持ちのすれ違いを起こしてトラブルになるようなこともほとんどなく過ごせるようになった。そして、もう一つの心配材料だった学力について。長男は幼稚園のころから関心のあることについては抜群の記憶力を示していた。
言葉をうまく使える脳を育てる

もちろん三食どれも大切なのですが子どもの脳

なので覚えるだけで済む間はある程度は大丈夫だと感じていた。しかし、発達障害の子どもたちにありがちな因果関係の理解や、推論をする力の発達の遅れが顕著になってくれば、いつか学校の授業に着いていけなくなるだろうと予想していた。だから、勉強については発達障害の診断が下りてからは、無理強いは止めておこうと思っていた。やらそうとすればするだけ、親が焦ってしまい苦しくなる。ただ、本人が楽しめる限りはいろいろな働きかけを通して、考えたり想像をしたりして知能を高めていくように導いていくことにした。

育ての時期にうまく育っていなかったと考えれば

子どもは「おねしょをしたら、と大きなプレッシャーを感じ、よけいするようになります。「おねいずれにしても、怒られる」どうってことない」とおおらかにかまえて、見守ってあげてほしいですね。気がつくと、おちんちんをよくさわっています気がつくと、よくおちんちんをさわっています。テレビや本を見ていたり、寝るときやおふろで湯につかっているときなど、片手があいているときにしているのですが、ばい菌が入って腫れたりしないか、(4才·男の子)さわっていたら、やんわり注意を。プライベートゾーンについても教えて男の子は、緊張したりイライラしたとき、おちんちんをさわって気持ちを落ち着かせることがあります。

しつけが明治以来とうとうと流れている

男の子でも女の子でも、無意識に性器をさわったときになんとなく気持ちいいと感じて、さわるのはやめようね」さわることがくせになることもあるかもしれません。いずれにしても、さわっているのを見たときはしかるのではなく、「ばい菌が入って痛くなるといけないから、とやんわり注意するといいでしょう。また子どもには、プライベートゾーンといって「他人に見せたりさわらせてはいけない体の場所」してはダメだよ」と言い聞かせておくことは、性犯罪の防止にもつながります。があることを教えておきたいですね。性器をさわっているのを見たら、「そこは大事なところだから、人に見せたりさわらせたり自由にさせていいですが、直接さわると亀頭包皮炎になることもあるので、おちんちんは子どもの体の一部なので、自由にさわらせてあげていいと思います。