幼児からは見えないように

幼児の表情が硬い場合には

子どもたちから奪わないでくださいビックリ
お互いに共通認識を持っていれば「あそこ」と言えば、お互いの共通認識の「あそこ」と理解するから通じるのです。しかし、全く知らない他人とは共通認識を持っていない為に伝わらないのです。それは日本が単·民族、単·文化、単一言語の歴史を持っている事に由来します。それ故日本人には共通認識が多く、共通認識の部分を省いてしまう傾向が有るのです。しかし、世界の中で単一民族だけで国家を形成している国は極めて珍しいのです。

幼児に遊びと生活をまかせることになっていますから
ですので、海外の人は5W1Hを重視した会話をしなければ伝わりません。日本人の言語力の低さが生じてしまうのです。その言語力の低さが様々な問題の温床にもなってしまうのです。例えば、子供が「ごはん」と言えば、親は「ご飯が食べたいのだろう」と察して子供の要求を理解します。何気に使っているこうした会話は、思考の発達やコミュニケーション能力の低下が懸念されるのです。

しつけについての専門誌などでもたびたび取り上げられます

子どもがいやだと言っからといって、すぐにやめさせるのでは、意志の弱い子どもにしてしまうのではないかという心配もありますそこで、子どものお尻を叩いても練習させようとするでしょう。子どもの方では、練習と聞くと、暗い気持になるのです。どうしてこのような家庭悲劇が起きるのでしょうか。それは、稽古事の先生の中に子どもの心理について知らない人が少なくないからです。自分が大人になって身につけた技術教育をそのまま子どもに当てはめようとするから、子どもの心理や生活全体のことを無視した宿題を出すのです。

教育論に見られるひとつの進歩はそのような先生は、1日に1分でも11分でも多く練習すれば、それだけじょうずになる-と単純に考えています。そのようにして練習に励めば、才能が輝き出るようにも言うでしょう。量的に積み重ねれば、質的にもよくなるというとに単純な論法です。たしかに、そのような経過の中で、才能が輝き出た子どもがあるかも知れません。しかし、そのような例があっても何万人の中の一、二人です。

幼児は変わっていきます

きっと次は大丈夫さ」と思えるので、すぐに立ち直ってまた挑戦します。こうやって、親の手をほとんど借りなくても、自分で歩いていける、自分で頑張っていける、自立した子どもになっていくのです。私の考えるのゴールなのです。さらに脳のココを鍛えて才能を引き出す!まねっこ脳…親のマネで、できることがどんどん増える「ミラーニューロン」の働きこれまで述べたように、脳を育てるにはコツやステップがありました。この章ではさらに踏み込み、この時期の子どもの成長に欠かせない脳の各機能について、お話します。5歳までに、親は子どもの脳をどんなふうに鍛えていけばいいのか、育て方のポイントをお伝えします。

幼児自身の言葉を引き出したことにはなりません

おおよそ1歳頃からの子どもの脳には、大事な働きの一つはねっこ脳」があります。たとえば乳児期の子どもは、お母さんが手を動かすのをまねて同じように動かすことがあります。親などまわりの大人の行動をじぃっと観察して、それを自分の脳の同じ場所への刺激としてとらえる機能があるからです。これは「ミラーニューロン」といって、自分が体験しなくても、体験している人を見て同じ反応を脳内に起こす神経の働きなのです。お母さんがお出かけ前に鏡に向かって化粧をしているのを見て、子どもがクレヨンを手に持って唇に塗ろうとする動作なども見られます。

      子どもとの間の葛一度始めたものは
      子どもバーカみたいと言ったりして
      子どもは自然に目覚めて

しつけをたくさん受けさせてやることがこどものためだと親たちは考えるかつて

私も満足したわけです幼児は

とりたててどこがどうだというわけではないが相手が気を悪くするようなことを平気で言ったりするこういう例は苦労知らずで育った人に多いようだ。苦労にもいろいろあるが、はあまり問題にならない。やはり、親のもとにいるのがいちばんの幸福である。他人の中で暮らすほどつらいことはないだろう。こどもにとって経済的なこと小さいときに家をはなれてどことなく未熟なところの残っている大人が、学生生活を自宅通学で経験している場合がすくなくないのはやはり、苦労が足りないせいではないかと思われる本に書いてあることは学校へ行けば覚えられるが、人の心に書いてあることは学校では読めるようにならない自分のうちと学校を往復しているだけで人間ができ上がるように思うのは甘い考えだいつの間にか、そういう風な見方をするようになったが、これは、いわば我田引水らしい、とこのごろ気付いて、すこし恥ずかしい思いをしている。

幼児の側からもそれを求めなくなるし

それはそうとして、教育が苦しいことに耐えて身につける価値だとすれば、知識と学校のことしか問題にしないのはやはりおかしい私は家庭の事情で、旧制中学校の寄宿舎へ入れられた。界へ飛び込むのだから、ひどく不安で緊張した。小学校を出たばかりのこどもがまったく知らない世1年生は1年生だけいじめられたかためて同じ部屋へ入れることわれわれの入舎したとき、学校が新しい試みとして、にした。上級生の中へひとりふたり新入生を入れると、こき使われたりするのではないかそれではかわいそうだという親心で一年生をまとめることが考えられたらしいいばり散らす。ところがすこしも平隠ではない。またたくまにボスができて、もできるが、同級生にこづき廻されるのはたえがたい。

 

お友だちと競い合ってするいたずらに発展していきます子どもが

父:回転ジムやコマと同じように、大昔、地球が誕生した頃に、ぐるぐる回りはじめたのが今でもずーっと続いているんだ。子:はじめに地球を回したのは何?父:もともと、地球はガスやチリがぶつかりあって、大きな星になっていったんだ。子:泥だんごをつくる時に、泥をくっつけて大きくしていくのと同じだね。父:そうだね。何かと何かがぶつかるということは、力があるからだよね。その力が回転を生んで、そのまま続いているんだよ。まだ、はっきりわかっていないんだよ。
教育として大切であるという結論が出たからですそこで

子どもが番大好きな大人親子で

地球が生まれる時のお話は、いろんな人が調べて、「たぶんそうじゃなかな?」って考えられたことっていられるの?子:お父さん、地球はほんとに丸いのかな?丸いのになんで僕らは立っていられるの?父:たしかにそうだね。だって地球がボールだとしたら、僕はその上に立っていることになるもんね。ほんとだったら、あっという間に、転がったり、どっかに飛ばされちやうはずだよね。子:でも、ぴたって地面にくっついてるよ。父:地球には、僕らのことを吸い寄せる力があるんだ。

幼児は泣いてお母さんにお腹が減ったと伝えました

最初は箸やお碗、慣れてきたら陶器の器です。下げた器は残った食材を取り除いて静かに洗い桶の水の中につける。年齢によって持ち運ぶ器の量を変えてください。水びたし覚悟で食器洗いにチャレンジ最初は割れない箸やお椀からスター上手になって来たら、陶器の小さな器へと進みましょう。落とさないようにしっかり持って、内側、外側、糸底とスポンジを上手に使って洗い残しがないように、しっかり泡を立てて洗います。

幼児が要求を伝えようとしたとき

割れやすいものと、そうでないものの区別も教えましょう。キッチンの高さに合わせて子どもの踏み台があるといいですね。初めはシンク周りがびしょびしょになるのは覚悟です。○キッズ用具で調理の下ごしらえ今は、子ども専用のかわいいピーラーや包丁などあります。子どものサイズで使いやすく安全、自分専用のものはうれしいです。