幼児と一緒に決めてとり組むたとえば

子ども自身に

しつけというと寺子屋では、外の空気を吸わせたり、軽いジャンプや伸びをさせたりしています。ジャンプは、脳を覚醒させるセロトニンの分泌を促すのでおすすめです。疲れを取り、下がっていたテンションを戻してくれます。笑うのも効果があります。ぼくたちは授業中、「ちょっとダレてきたな」と感じると面白い話をして子どもたちを笑わせます。すると空気がキュッと締まって、また勉強へと気持ちが切り替えられます。

自分たちで遊び方やルールも考えなければなりませんまさに自分たちで遊びをクリエイトするこういう経験をたくさんすると幼児は

「あー、今ので目が覚めたわ」と言う子もいます。ぼく自身は学生時代、眠くて仕方が、ない時は、氷をタオルで巻いて首の後ろを冷やしたりしていました。子屋でも保冷剤をいつも用意してあって、子どもたちは眠くなると借りにきます。これは今年の受験生があみ出しましたイスをどけて、ひざ立ちで勉強するというテクニックもあります。すぐに伸びる子、時間がかかる子の違い時々「こんなによく見てもらっているのに、うちの子、なかなか成績が伸びなくてすみません」と言われることがあります。子どもに自立心が育つよういつまでも授乳させるのはやめていまは母乳

幼児にとっても

仮に断らなきゃいけないにしても、上手に断ることができるようになります。「気持ちのいい人」と言われるようになるでしょう。他人からのお願いに肯定的に返事することができるように後でご紹介する、「お願い」、の項目にも通じる基本スタンスです。6上手な断り方を身につければ上手にお願いできる人になる人は一人では生きていけません。本当に強い人とは、一人の力で大きな事を成し遂げる力をもっている人のことではなくて、みんなの力を借りることのできる人のことをいうのでしょう。

子ども一人ひとりについて

幼児にもしあわせ力が伝染します
子どもには本当に強い人になってほしいと思います。ではなくて、素直に人に「お願い」できる強さです。そのために必要なのは「他人の力は借りるまい」と歯を食いしばる強さ「お願い」ができる人になってもらうために、親ができることは?もうおわかりですね親が子どもにたくさんすることです。お手伝いをお願いするのでもいいでしょう。忙しくて遊んであげられないとそんな自分を許してくれるようにお願いするのでもいいでしょう。
コミュニケーションと入力し変換すると

幼児は勝手に集中はじめのうちは

それまで納得いかなかったことが、うっすらわかるようになりました。「なんでそんなに細かいのよ」ぶーぶー言っていたのが、「この性格だからか」とうなずけるようになりました。そしたらかなり吹っ切れま「5分前行動」は、「父がそうしたい人なんだ」と考えればよかったようです。「夕飯は6時」も「悪気はないんだ、こういう人だ」と割り切ればよかったようです。今は結婚して家を出ましたが、タイプを知って父とのつき合いに活かしています。

子どもに身を守る行動をとらせます

しつけの世界には男の子問題という言葉があります
帰省の際は「4時には着〈よ」と電話を入れます。もちろん5分は織り込みずみで。そして夕飯はもちろん6時、と。ここがスムーズだと、父も上機嫌で盃を傾けます時々、真っ向から反対意見を戦わせる人を見かけます。例えば「こだわるのはよくない」という人と、「こだわりは美学だ」という人と、単にタイプの違いだったりします。「やりながら考えればいい」非難することではありません、「計画を立ててから始めるべき」それ、うだけの話です。そうしたい人」違いは毛嫌いのタネではなく、人を知る手がかりになる。

子ども産業はどんどん拡大していっている感があります

子どもといるわけではないので

子どもは長い生活史の中で人格にゆがみが作られていることがあります高さへの慣れや、高さに対する適切な警戒心身につけることもできます。全身の筋力を統合して自分の体重をバランス良く支えられることは、自分の身を守るためにはとても重要な能力です。ジャングルジムや登り棒、鉄棒でも同様の能力を鍛えることは可能ですが、ランダムに枝をーす本物の木が与えてくれる教訓にはおよびません。おすもうをすることで、たり急に引かれたりしたときに体勢を立て直すバランス感覚などが鍛えられます。押されたときにとっさに押し返す反射神経や、左右に振られするなら欠かせな足腰が鍛えられるのはもちろんのこと、将来コンタクトスポ鬼ごっこをすれば、走力はもちろんのこと、フェイントを使って相手を混乱させる切り返しの能力や、相手の動きに合わせて走る速度を調整する能力など、将来、サッカーやバスケットボール、ラグビーなどをするときに役立ちそうな能力が鍛えられまどれも単純な遊びです。

実は裏目に出ているということになります子どもを

それでも、子どもはいつまででも夢中で遊びます。子どもたちは「自分の能力を鍛えるためには、今この遊びが必要だ」ということを本能的に知っているのでしょう。大人からしてみると「いつまで遊んでるのよ、いい加減にしなさい」と思うかもしれませんが、子どもにとってはとても大事なトレーニングなのです特定の競技の特定の運動パターンばかりやらせるよりも、の運動能力の器を広げるためには重要だと言われています。が減ったからではないかという分析もあります。遊びを通していろいろな体の使い方をインプットするほうが、幼児最近の子どもの運動能力が低下しているのはこのような遊びの機会ところで、子どもにとっては大事なトレーニングでも、これに大人がつきあうのはなかなか骨が折れます。育ててくれましたまた

子どもが多いからですしかも

それを見ていた母が、かわいそえ、あなたの頭をあんなふうにたたく人がいたらお母さんはどんなにかなしいことか。花だって同じ。かわいがってやらなくっちゃ、と言った。こども心にも、恥ずかしかった。二度としまいと思った。東京へ出てきてからのこと。郊外の通りを歩いていたら、道ばたにひとかかえもあろうかというほどのケヤキ並木がある。そのケヤキに板が打ちつけてある。。

幼児さえいます

子どもの仕事を指導することはできます遊びを中心において
洋裁店はこの先、といった看板である。生木にくぎを打ち込むとは何たる神経だ。ケヤキがかわいそうだ、と思った。この看板を出した人はそう思わなかったに違いない。見ると、ほかの木にも家庭教師します、というようなボール紙がくぎづけにしてある。
子どもとともにする生活にしてみると

子どもが自分なりの分析結果を話したらそうだねじゃあ

ただ、携帯電話やスマホは保護者との会話でよく出てくる話題で、多くの家でそれを子どもに持たせることで上手く行くようになったという話を聞かないので一言言いたい。あくまで個人的見解だが、私は子どもがスマホや携帯電話を持つことは反対の立場だ。それがあれば子どもがどこにいても連絡が付くから便利と言うが、当の子どもは連絡をして欲しくないときは電源を切っていたり、GPS機能があるから、犯罪に巻き込まれたときに所在が分かって安心と言う人もいるが、犯罪者もバカではない。親からの電話だと分かると無視をしている。携帯もスマホも子どもの安全を保障する道具ではないのだ。

子どもはすでに感づいていて

育児という初めての作業の中で
逆に危険を呼び込んでいるものだ。携帯やスマホを持つことによって、子どもの行動範囲は広がり、行動時間も夜遅くなってしまった。電話が繋がってさえいれば、手を伸ばせば届くような錯覚を抱いているからだ。親が安心している間に、子どもは親の予想もしないことにそれらを利用している。そして、どろどろとした人間関係を形成していることも少なくないのはテレビや新聞などで言われているとおりだ。

教育をすることは不可能です

幼児にとっての俵は遊びであるという認識をもってさえいれば

子どもが今度の発表会でボク
そして農耕が始まり集落が形成され、文字や言語が生まれ、集落が大きくなり町や都市が出来、そして国や文明が生まれて現代に至ります。ここで人間の脳に目を向けてみましょう。人間の脳は、他の動物に比べると巨大な脳を持っています。なぜ人間は脳が発達したのでしょう?私が小学生の頃は、道具を作ったり使ったりした為に発達したのだと習いましたが、現在は「コミュニケーションをする為に発達した」と言う仮説が有力視されています。その根拠とされる研究は、霊長類の大脳新皮質の大きさと集団の数の比率の研究で、霊長類の大脳新皮質の大きさは、集団の数に比例して大きくなっているのがかかって来たのです。

子どもは親の会話のパターンをマネするからです
この仮説を裏付けるような発見もありました。インドネシアで見つかったホモフロレシエンシスの化石です。ホモフロレシエンシスの身長は1メートル程度で、脳容積はホモサピエンスの1/3しかありません。しかし、その大きさの脳で高度な石器を作り、道具を使いこなし、狩をしていたのです。つまり、道具を作り道具を使いこなすには、ホモサピエンスほど大きな脳は必要ないと言う事なのです。

しつけになるこのごろ幼児

どもの最初のことばの先生であることすら自覚していないお母さんが大部分である。に育つわけがないまずだいいち、母親がここれで、こどもがりっぱ昔の人が総領の甚六と言ったが、お母さん先生が経験不足でろくに母乳語らしいものをやらないで育てると、どこか抜けた人間になる。それを甚六と呼んだ。生れつき頭がよかったり、悪かったりするわけがない。差がつくとすれば、生れてすぐからの母乳語による教育熱が高まっているのに、この点についての関心がゼロに近いのは残念というほかない生れたばかりの赤ちゃんである。もに話しかけるなんてバカみたい-そう考える母親がいるらしい。何もわからない。

幼児の顔を見ればガミガミ言うお母さん耳だってきこえるかどうかはっきりしない。とんでもない誤解であるわかってもわからなくても、赤ん坊はことばをきいて、ことばを覚える。話しかけてくれなければ、教材不足、いつまでたっても学習が進まないことばがおくれる。知能ももちろんおくれる。母乳語はこどもの一生を左右する。三つ子の魂をつくり上げる基本である女性は男性に比べておしなべておしゃべりだという。

児童に対して地球上のほとんどの生き物は

なぜなら先にも述べたように、人は、ほかとのかかわり合いを持つ時に、自分の「存在感」をはじめて把握できるからです。ところがかかわり合ってさえいれば自分の「存在感」がつかめるかというと、必ずしもそうではありません。かかわり合いの中でも、安心で快いかかわり合いでなくては自分の「存在感」はつかめません。第五話でも述べますが、このr安心で快いかかわり合い」こそが「愛」だと定義できますそこで、「愛」こそが人にr存在感」を与えると言うことができます。それだけではありません。r存在感」を持った自分であってはじめて、ほかからのr愛」を感じとり、ほかをr愛」することもできるのです。

幼児の遊びは生活である-といわれる根拠ですこのように

r愛」と「存在感」とは密接に循環し合っている一体のものなのです。愛の定義を、どのようにして考えられたのですか?前のQで述べた「安心で快いかかわり合い」というように愛の定義をしたわけは、r癒着の愛」すなわち「愛の原型」である赤ちゃんの愛は「母親との安心で快いかかわり合い」ですが、それが発展した大人のr高度な、分離した自立的な愛」も、その基本は「安心で快いかかわり合い」にかわりはないという考えかQ愛にはどんな役割があるのでしょうか?愛の定義をしてみても、実際にあまり役立ちません。それよりも、愛の役割を取り上げた方が実践的だと思います。役割を六つに分けてみました。愛の役割については、拙著『心って何だろう』(麗沢大学出版会)にも詳しく書きました。-存在感を与える(愛されている自分)2自己愛(生きる意欲。

      幼児とともにいて楽しい!
      子どもの心理や生活全体のことを無視した宿題を出すのです
      子どものおなかが当たるようにうつぶせにして

幼児から遊びの時などと考えて

子どもの個性を

育ての対極にある状態と言えます
誤解のないように書いておきますが、だから放任でいいのですよ!」と言ってるのではありません。念のために。お母さんが男の子という生き物をもう少し理解して、その特性に応じた効果的な関わり方をすることで、親子のすれ違いを少なくしていき、お互いが気持ちよく、そして子どもがよりよく成長できるようにしたいと思っています。ここではもう少し男の子という生き物の特徴を知り、相手の理解ができるようにしてみましょう。突然走り出す!衝動性が強い◆いきなり予想外のことをしでかす子どもの特徴のひとつは「衝動性」が強いということでしょう。とりわけ男の子はその傾向が強いように感じます。

育ての一つとしてと聞いて
何事にも個性や差は存在していますので、絶対というわけではありませんが、保育士をしていてそのように感じます。衝動性というのは、突然の動きや動作のことです。予想のできない動作は時としてケガやトラブルにつながります。ある市内公立保育園で、てでしょうか?1年間に病院にかかった子どもの数の統計をとったところ、男子が女子を上回りました。他の都市の統計などを見ても、やはり男の子のほうがケガは多いです。

育児のおくれがあらわれている

それは、子どもの欲求にそのまま従っているか、それに負けてしまっている親だからです。つまり、子どもを溺愛しているのです。ですから、子どもは自己中心的です。わがままです。このわがままをだんだんになおしていかねばなりません。わが国の大人たちの公衆道徳の欠如は、長い間の家族制度と、封建制度によって作られたものが多いのです民主主義が建前になったとはいえ、本音は前の時代のものがたくさんにあります。

幼児が自発性の発達しているよい子です本音を変えなければなりままず、大人たちが考え方を変えるには、車中でどのようなことを守るべきかについて、他人に迷惑をかけないばかりか、他人を援助するえ合ってほしいのです。教師と両親がともにその話し合いに参加することは、ともに子どもに公衆道徳を守らせるための項目を決め、子どもを教育しながら、教師も両親も自分自身の教育をすることが必要だからです。-ことをどのように考え、実際にどう教育したらよいかを、両親も教師も考子どもに対する教育が先になってもよく、親たちが芝生に入ろうとしたり、紙屑を捨てたとき、子どもの方から「それをやめよう」という発言が出れば、ハッと気がつく両親があると思います。座席についても、混んできたら、自分から席を立つように教育し、とくに老人やからだに不自由のある人に席を譲る子どもがあれば周囲の大人も気がつくでしょう。公衆道徳がしっかり根を下ろすまでには、まだまだ道は違いという感じですが、両親に対する教子どもに対する教育も行い、その両方から、公衆道徳教育が定着することを願わずにはいられま育とともに、このような面から、子どもの思いやりを養うことは、人格形成にとっては重要なことです。

子育てに絶対に欠けてはいけない事が抜けていたと分ってきたのです

10歳前後で自然に落ち着いてくる「まともな大人になれるのかしら?」と不安になることも多々あるでしょうあんまりに元気が學ぎる男の子を育てていると、でも、大丈夫子どもは前思春期を迎える10歳前後に劇的な変化を遂げると、多くの学校や塾の先生が口をそろえます。学年にして小学校4年生前後です。それまで落ち着きがなくてうるさいばかりだった子どもが、とたんに静かになり、落ち着きを身につけるのです特に「わんぱく坊主」や「やんちゃ坊主」として有名だった子ほど、そういう傾向が見られるといいます。ちょうど「いい子」が思春期以降、問題行動を生じ始めるのと裏腹にですトータルで考えれば、どの子もみんな同じだけ手がかかるようにできているのです。それが早いか遅いかの違いでしかないの小さいときに手がかかる子は、その時期さえすぎればあとは自力ですーっと伸びていきます。

子どもたちは不安で不安で仕方がない

目の前の我が子の怪獣っぷりに目を覆いたくなるときこそ、その子が10数年後に立派な青年に育った姿でも思い描き、「きっと大丈夫」と思ってあげてくださいきっとその通りになります。しつけはおまけわんぱく坊主」や「やんちゃ坊主」が叱られすぎてせっかくの才能をつぶされ、叱る親のほうもヘトヘトになってしまうというよくあるパターンは、「しつけ」にばかり気を取られ、もっと大事なことを見落としてしまうから起こる悲劇です。社会のルールを知ったり、人に迷惑をかけないように気を遣ったりすることも、大人になっていく過程ではもちろん必要なことではありますが、そんなことは些末なことだと思います。言語を自然に覚えるように、場数さえ踏めば、社会性なんてものはほうっておいても自然に身につきます。「しつけ」なんて、「自立したたくましい一人の男を育てる」という壮大なプロジェクトにおいては、おまけみたいなものなのです。

      幼児は必ず本好きになる字が読めるようになってきたら
      子どもも少なくありません
      幼児たちといっしょになってしたので