幼児からは見えないように

幼児の表情が硬い場合には

子どもたちから奪わないでくださいビックリ
お互いに共通認識を持っていれば「あそこ」と言えば、お互いの共通認識の「あそこ」と理解するから通じるのです。しかし、全く知らない他人とは共通認識を持っていない為に伝わらないのです。それは日本が単·民族、単·文化、単一言語の歴史を持っている事に由来します。それ故日本人には共通認識が多く、共通認識の部分を省いてしまう傾向が有るのです。しかし、世界の中で単一民族だけで国家を形成している国は極めて珍しいのです。

幼児に遊びと生活をまかせることになっていますから
ですので、海外の人は5W1Hを重視した会話をしなければ伝わりません。日本人の言語力の低さが生じてしまうのです。その言語力の低さが様々な問題の温床にもなってしまうのです。例えば、子供が「ごはん」と言えば、親は「ご飯が食べたいのだろう」と察して子供の要求を理解します。何気に使っているこうした会話は、思考の発達やコミュニケーション能力の低下が懸念されるのです。

しつけについての専門誌などでもたびたび取り上げられます

子どもがいやだと言っからといって、すぐにやめさせるのでは、意志の弱い子どもにしてしまうのではないかという心配もありますそこで、子どものお尻を叩いても練習させようとするでしょう。子どもの方では、練習と聞くと、暗い気持になるのです。どうしてこのような家庭悲劇が起きるのでしょうか。それは、稽古事の先生の中に子どもの心理について知らない人が少なくないからです。自分が大人になって身につけた技術教育をそのまま子どもに当てはめようとするから、子どもの心理や生活全体のことを無視した宿題を出すのです。

教育論に見られるひとつの進歩はそのような先生は、1日に1分でも11分でも多く練習すれば、それだけじょうずになる-と単純に考えています。そのようにして練習に励めば、才能が輝き出るようにも言うでしょう。量的に積み重ねれば、質的にもよくなるというとに単純な論法です。たしかに、そのような経過の中で、才能が輝き出た子どもがあるかも知れません。しかし、そのような例があっても何万人の中の一、二人です。

幼児は変わっていきます

きっと次は大丈夫さ」と思えるので、すぐに立ち直ってまた挑戦します。こうやって、親の手をほとんど借りなくても、自分で歩いていける、自分で頑張っていける、自立した子どもになっていくのです。私の考えるのゴールなのです。さらに脳のココを鍛えて才能を引き出す!まねっこ脳…親のマネで、できることがどんどん増える「ミラーニューロン」の働きこれまで述べたように、脳を育てるにはコツやステップがありました。この章ではさらに踏み込み、この時期の子どもの成長に欠かせない脳の各機能について、お話します。5歳までに、親は子どもの脳をどんなふうに鍛えていけばいいのか、育て方のポイントをお伝えします。

幼児自身の言葉を引き出したことにはなりません

おおよそ1歳頃からの子どもの脳には、大事な働きの一つはねっこ脳」があります。たとえば乳児期の子どもは、お母さんが手を動かすのをまねて同じように動かすことがあります。親などまわりの大人の行動をじぃっと観察して、それを自分の脳の同じ場所への刺激としてとらえる機能があるからです。これは「ミラーニューロン」といって、自分が体験しなくても、体験している人を見て同じ反応を脳内に起こす神経の働きなのです。お母さんがお出かけ前に鏡に向かって化粧をしているのを見て、子どもがクレヨンを手に持って唇に塗ろうとする動作なども見られます。

      子どもとの間の葛一度始めたものは
      子どもバーカみたいと言ったりして
      子どもは自然に目覚めて

子ども産業はどんどん拡大していっている感があります

子どもといるわけではないので

子どもは長い生活史の中で人格にゆがみが作られていることがあります高さへの慣れや、高さに対する適切な警戒心身につけることもできます。全身の筋力を統合して自分の体重をバランス良く支えられることは、自分の身を守るためにはとても重要な能力です。ジャングルジムや登り棒、鉄棒でも同様の能力を鍛えることは可能ですが、ランダムに枝をーす本物の木が与えてくれる教訓にはおよびません。おすもうをすることで、たり急に引かれたりしたときに体勢を立て直すバランス感覚などが鍛えられます。押されたときにとっさに押し返す反射神経や、左右に振られするなら欠かせな足腰が鍛えられるのはもちろんのこと、将来コンタクトスポ鬼ごっこをすれば、走力はもちろんのこと、フェイントを使って相手を混乱させる切り返しの能力や、相手の動きに合わせて走る速度を調整する能力など、将来、サッカーやバスケットボール、ラグビーなどをするときに役立ちそうな能力が鍛えられまどれも単純な遊びです。

実は裏目に出ているということになります子どもを

それでも、子どもはいつまででも夢中で遊びます。子どもたちは「自分の能力を鍛えるためには、今この遊びが必要だ」ということを本能的に知っているのでしょう。大人からしてみると「いつまで遊んでるのよ、いい加減にしなさい」と思うかもしれませんが、子どもにとってはとても大事なトレーニングなのです特定の競技の特定の運動パターンばかりやらせるよりも、の運動能力の器を広げるためには重要だと言われています。が減ったからではないかという分析もあります。遊びを通していろいろな体の使い方をインプットするほうが、幼児最近の子どもの運動能力が低下しているのはこのような遊びの機会ところで、子どもにとっては大事なトレーニングでも、これに大人がつきあうのはなかなか骨が折れます。育ててくれましたまた

子どもが多いからですしかも

それを見ていた母が、かわいそえ、あなたの頭をあんなふうにたたく人がいたらお母さんはどんなにかなしいことか。花だって同じ。かわいがってやらなくっちゃ、と言った。こども心にも、恥ずかしかった。二度としまいと思った。東京へ出てきてからのこと。郊外の通りを歩いていたら、道ばたにひとかかえもあろうかというほどのケヤキ並木がある。そのケヤキに板が打ちつけてある。。

幼児さえいます

子どもの仕事を指導することはできます遊びを中心において
洋裁店はこの先、といった看板である。生木にくぎを打ち込むとは何たる神経だ。ケヤキがかわいそうだ、と思った。この看板を出した人はそう思わなかったに違いない。見ると、ほかの木にも家庭教師します、というようなボール紙がくぎづけにしてある。
子どもとともにする生活にしてみると

子どもが自分なりの分析結果を話したらそうだねじゃあ

ただ、携帯電話やスマホは保護者との会話でよく出てくる話題で、多くの家でそれを子どもに持たせることで上手く行くようになったという話を聞かないので一言言いたい。あくまで個人的見解だが、私は子どもがスマホや携帯電話を持つことは反対の立場だ。それがあれば子どもがどこにいても連絡が付くから便利と言うが、当の子どもは連絡をして欲しくないときは電源を切っていたり、GPS機能があるから、犯罪に巻き込まれたときに所在が分かって安心と言う人もいるが、犯罪者もバカではない。親からの電話だと分かると無視をしている。携帯もスマホも子どもの安全を保障する道具ではないのだ。

子どもはすでに感づいていて

育児という初めての作業の中で
逆に危険を呼び込んでいるものだ。携帯やスマホを持つことによって、子どもの行動範囲は広がり、行動時間も夜遅くなってしまった。電話が繋がってさえいれば、手を伸ばせば届くような錯覚を抱いているからだ。親が安心している間に、子どもは親の予想もしないことにそれらを利用している。そして、どろどろとした人間関係を形成していることも少なくないのはテレビや新聞などで言われているとおりだ。

幼児が困ったときの相談役やアドバイザーというスタンスで

かえって安心して見ていることができるようになるものです子どもにも

幼児なのですこのような
多くの場合は雑談の中で、子どもの問いかけから起こるだろう。そうでない場合には、親が子どもが食いついてくる話題を見つけたところから始まるかもしれない。対話とはあることがらについて、お互いの考えを出し合って合意を目指すことだ。また、片方の疑問に対して答えを言い放って終わるのではなく、理解に必要な情報を与えながら理解を深めさせて、結論に導くことだ。対話をする時、どちらかが完全な受け身になることはない。

育てる上で必要不可欠なものですので
お互いに、そこにある話題について考えていなければならない。そして、その考えを相手にきちんと伝えるために言葉を選び、相手の言葉についても誤解の無いようにしっかりと吟味をするのだ。そうやって、お互いの考えを受け止め合うのが対話だと考えている。まさに、個別指導の授業だろう。ここで大切なのは、理解をできるだけ曖昧にさせないこと。子どもの発言に対して、言葉足らずで何を言いたいのかが分かりにくいこともあるだろう。

教育は切りはなせない

「口答え」ができる子は強い者にも屈しない人になる再び職場をイメージしてください。中間管理職のさんとBさんがいます上司には従順なYESマンです。必要とあらば上さんは部下には厳しい人なのですが、に口答えなどしません。上司からは優秀な部下と思われています。司にも噛みつきます。上司もの口答えにはまったく参るなぁ」一方Bさんも部下には厳しい人なのですが、とこぼしますさんとBさんのどちらを応援したくなるでしょうかBさん派という人が多いのではないでしょうか自分の正しいと思うことを、自坌り強いものにも率直に伝えられる勇気は、一般に美徳とされます。

幼児には本当に強い人になってほしいと思いますではなくて自分の息子にはそういう人になってほしいと思いませんか?それなのに、自分がたてつかれるとつい「口答えするんじゃないの!」と言ってしまうのですよねまず、少なくとも、自分より圧倒的に強い存在である親に口答えする勇気は心の中で称えてあげていいと思います。また、親に口答えできるのは、親のことを心から信頼しているからです。親としては自信を感じていいところですそのうえで、口答えをすること自体を否定するのではなく、その口答えの内容が正当なものかどうかを議論するようにしま子どもは子どもなりの稚拙な論理で口答えしてきます。それをバカにしないで、前述の「聴くスキル」で、できるだけ最後まで聴いてあげるのです。そういうやりとりを通して、どもの論理的思考力が磨かれます。

幼児の心の淋しさは増すばかリでしょう私どもは

祖父母の責任感のない無条件のかわいがりも、今の社会においては大切なことだと思います。これが男の子の心に〈本当に響く〉叱り方です!「今·ここ」しか存在しない◆叱るときはその場で息子さんと生活していて、時間の感覚のズレを感じることありませんか?どうも息子の体内時計が狂っている気がします。はい、狂ってます。それも大きく。時間は社会全体で統-されているから、意味をなします。個人でバラバラだったりすると大変です。待ち合わせや約束ができませんからね。

幼児だけの留守番は極力避けてほしいですね

しかし「男の子時計」は恐ろしいことになっていまお母さんも薄々は気づいているでしょお母さんの時計はクオーツあるいは電波時計です。!社会全体ときちんとシンクロして、協調性をもって時を刻んでいます。とても高性能です。かたや「男の子時計」はというと、どう考えてもおかしいです。まず秒針の進み方が不規則です。その時々で速くなったり、遅くなったり、この時点で時計かどうか怪しい感じです。小学生のときに使った、算数セット覚えていますか?それについていた時計!後ろのところにツマミがついていて、自由に時間が動かせられるものです。

      幼児はさまざまなストレスを受けています
      子どもが話し終わるまで
      育児はうまくいかない!という

幼児の気持ちを聴き

子どもは自分は悪くないと自己主張をするでしょうし

基本的には「逃走」に向かいますが、逃げ場を失えば「闘争」に向かいます。適度なストレスは人間には必要ですので、ストレスを無くす事は好ましくありません。大切な事は、ストレスを持続させない事と、ストレスに対する耐性を付ける事です。fld.防衛のメカニズムで主要な成長過程母子関係と社会性出産後の母子関係は、人間にとって最も大切な時期です。言わばバタフライエフェクトの最初の蝶の羽ばたきです。

しつけにおいても

出産後の母子関係は人間にとって、どの様な意味持っているのでしょう?それは「社会性」の原点であり、全ての感情や感覚の原点なのです。社会性は他人を信頼する事で成り立っています。その信頼は、親子の間の「愛着」を他人に応用した物なのです。親子間で愛着が育まれていなければ、応用すべき愛着が無い為、社会性を持てません。その愛着の原点が、母子関係にあるのです。

 

教育をすることも時には必要です

もうだめ↓「持てるよ!これらすべて、がっちりさんの嫌いな指示·命令が入っていないことにご注目!共通するのは「こんなすごいこと、できるかな。できないよねぇというニュアンスです。そう言われる「受けて立とう!」負けず嫌いのこのタイプには、と燃え立ちます。確実に着火できますよ。ってはいけない!無意識のうちに出ちゃう言葉ってありませんか。けれどそれが、子どもによくない影響を与えているとしたら??タイプ別につい言いがちな言葉と、それに代わる言い換えのフードを紹介します。
幼児の心を

子どもは落ち着いて

ちゃっかりさん▼▼▼「ごめん」「どうする?「ごめんごめん」これが口グセになっている人、いませんか。親だって間違います。ですから本当に悪い時は謝ります。気になるのは、特に悪くないのに謝る人です。えば子どもがむせた時の「ごめんごめん。お母さんが急がせたかな」。ここでご注意。ことちゃっかりさんには、安易な「ごめん」は禁句です。下手に出すぎないでください。

子どもの適応能力にとっては恐ろしいものですそこでまず

つまり、お手伝いをさせれば、「受け入れられる」と言うベースが作られ、お手伝いさせなければ「受け入れてもらえない」と言うベースが出来てしまうのです。更に、お手伝いをさせて、失敗した時の対応一つでまた別のベースが構築されます。失敗しても「次は上手く行く様に頑張ろうね」と、失敗した事を責めずに続けさせれば、次第に上手く出来る様になりますので、それが「自信」と言うべースになります。また、上手く出来る様になって「任される」事で、信頼されている事を感じます。親から任されると言う事は、愛着が信頼に変わる事でもあるのです。

幼児にすることが大切です

親子の愛着を信頼に変えて他者へ広げた物が社会性となります。その親子の愛着を信頼に変えるのが、親の「任せる」と言う行為なのです。これが、お手伝いしたいと言った子供に、お手伝いをさせなかったらどうなるでしょう?まずは「受け入れてもらえない」と言うベースが出来てしまいます。手伝わせて失敗した時に、「まだ早かった」とか、「一人でやった方が早い」とか言えば、子供は自信を失います。すると子供は、手伝う事に不安感を持ってしまい、それがベースとなってしまいます。

幼児から遊びの時などと考えて

子どもの個性を

育ての対極にある状態と言えます
誤解のないように書いておきますが、だから放任でいいのですよ!」と言ってるのではありません。念のために。お母さんが男の子という生き物をもう少し理解して、その特性に応じた効果的な関わり方をすることで、親子のすれ違いを少なくしていき、お互いが気持ちよく、そして子どもがよりよく成長できるようにしたいと思っています。ここではもう少し男の子という生き物の特徴を知り、相手の理解ができるようにしてみましょう。突然走り出す!衝動性が強い◆いきなり予想外のことをしでかす子どもの特徴のひとつは「衝動性」が強いということでしょう。とりわけ男の子はその傾向が強いように感じます。

育ての一つとしてと聞いて
何事にも個性や差は存在していますので、絶対というわけではありませんが、保育士をしていてそのように感じます。衝動性というのは、突然の動きや動作のことです。予想のできない動作は時としてケガやトラブルにつながります。ある市内公立保育園で、てでしょうか?1年間に病院にかかった子どもの数の統計をとったところ、男子が女子を上回りました。他の都市の統計などを見ても、やはり男の子のほうがケガは多いです。

育児のおくれがあらわれている

それは、子どもの欲求にそのまま従っているか、それに負けてしまっている親だからです。つまり、子どもを溺愛しているのです。ですから、子どもは自己中心的です。わがままです。このわがままをだんだんになおしていかねばなりません。わが国の大人たちの公衆道徳の欠如は、長い間の家族制度と、封建制度によって作られたものが多いのです民主主義が建前になったとはいえ、本音は前の時代のものがたくさんにあります。

幼児が自発性の発達しているよい子です本音を変えなければなりままず、大人たちが考え方を変えるには、車中でどのようなことを守るべきかについて、他人に迷惑をかけないばかりか、他人を援助するえ合ってほしいのです。教師と両親がともにその話し合いに参加することは、ともに子どもに公衆道徳を守らせるための項目を決め、子どもを教育しながら、教師も両親も自分自身の教育をすることが必要だからです。-ことをどのように考え、実際にどう教育したらよいかを、両親も教師も考子どもに対する教育が先になってもよく、親たちが芝生に入ろうとしたり、紙屑を捨てたとき、子どもの方から「それをやめよう」という発言が出れば、ハッと気がつく両親があると思います。座席についても、混んできたら、自分から席を立つように教育し、とくに老人やからだに不自由のある人に席を譲る子どもがあれば周囲の大人も気がつくでしょう。公衆道徳がしっかり根を下ろすまでには、まだまだ道は違いという感じですが、両親に対する教子どもに対する教育も行い、その両方から、公衆道徳教育が定着することを願わずにはいられま育とともに、このような面から、子どもの思いやりを養うことは、人格形成にとっては重要なことです。

子育てに絶対に欠けてはいけない事が抜けていたと分ってきたのです

10歳前後で自然に落ち着いてくる「まともな大人になれるのかしら?」と不安になることも多々あるでしょうあんまりに元気が學ぎる男の子を育てていると、でも、大丈夫子どもは前思春期を迎える10歳前後に劇的な変化を遂げると、多くの学校や塾の先生が口をそろえます。学年にして小学校4年生前後です。それまで落ち着きがなくてうるさいばかりだった子どもが、とたんに静かになり、落ち着きを身につけるのです特に「わんぱく坊主」や「やんちゃ坊主」として有名だった子ほど、そういう傾向が見られるといいます。ちょうど「いい子」が思春期以降、問題行動を生じ始めるのと裏腹にですトータルで考えれば、どの子もみんな同じだけ手がかかるようにできているのです。それが早いか遅いかの違いでしかないの小さいときに手がかかる子は、その時期さえすぎればあとは自力ですーっと伸びていきます。

子どもたちは不安で不安で仕方がない

目の前の我が子の怪獣っぷりに目を覆いたくなるときこそ、その子が10数年後に立派な青年に育った姿でも思い描き、「きっと大丈夫」と思ってあげてくださいきっとその通りになります。しつけはおまけわんぱく坊主」や「やんちゃ坊主」が叱られすぎてせっかくの才能をつぶされ、叱る親のほうもヘトヘトになってしまうというよくあるパターンは、「しつけ」にばかり気を取られ、もっと大事なことを見落としてしまうから起こる悲劇です。社会のルールを知ったり、人に迷惑をかけないように気を遣ったりすることも、大人になっていく過程ではもちろん必要なことではありますが、そんなことは些末なことだと思います。言語を自然に覚えるように、場数さえ踏めば、社会性なんてものはほうっておいても自然に身につきます。「しつけ」なんて、「自立したたくましい一人の男を育てる」という壮大なプロジェクトにおいては、おまけみたいなものなのです。

      幼児は必ず本好きになる字が読めるようになってきたら
      子どもも少なくありません
      幼児たちといっしょになってしたので