工事受注者にも大いに役立ち

ホーム / 暮らし / 工事受注者にも大いに役立ち

マンションの場合

間取りであったそのため

ひび割れに追従し、ひび割れを長い間防いでくれる弾性性能、セラミックを配合してあるために外壁の静電気の発生を低減させて、汚れをつきにくくする低汚染性施主様がわからないことをいいことにいい品物を塗りますとだけ言う業者は要注意、業者の言いなり.任せっぱなしではいけません。
「口約束は不満足リフォームの入り口」になりますので、必ず使用する塗料のメーカー名と塗料名·そしてその塗料は何の樹脂を使用しているのかが、かれている書類に明記されていなければいけません。または説明してもらわなければいけないところです見積書や契約書などの工事の内容の詳細が書樹脂名?とは、→大まかに塗料の等級格付けは樹脂名で分類できます。
耐久性が高く長持ちする順から言うと一般的に子供の歯の虫歯予防にも使われたり、公共工事に多く使われるフッ素樹脂

次に整形手術で、人体にも使われるシリコン樹脂
次がウレタン樹脂そしてアクリル樹脂の順番になります。
ご紹介した最初のフッ素樹脂が一番高くて、最後のアクリル趣旨が一番安い等級になります。
その他、耐久性も非常に高く、ビノレや高速道路のインターチェンジのような、車の排気ガスが普通より多い建物などに多く使われる光触媒などがあります。
これらの00樹脂と記載されている書類には、例で言うと次のように記載されている事が望ましいです。

家を買って一人前と言われる

外壁の中塗りと上塗りは日本ペイント製のメーカー名シリコン樹脂塗料:水性シリコンセラUV商品名なぜ明記するのかはもしあなたが業者からすすめられる塗料がどのくらいの等級なのかと商品名が明記されていれば、そのメーカーに電話をして、相談や確認することができるからです。
はたしてその塗料が我が家の壁の素材に適しているのかを確認しようとしたときに、塗料メーカーまた、パソコンができる方なら、インターネットで検索して調べることもできます。
20年くらい前は「アクリル樹脂の弾性性能を持った塗料」が外壁の塗り替えで非常に多く使われていました。
これはその当時、木造モルタル造の家が多く、外壁のひび割れが主な補修の壁が多かったために、事で、ひび割れを少しでも発生させないような工法が流行っていたからです。
少しでも長持ちするように、ひび割れに食い込んでいき、表面は固いのですが、弾性性能がある現在は一昔前に比べて、外壁の材料そのものがサイディングという窯業系の外壁材が多くなってきまして、シリコン樹脂塗料が主流になりつつあります。

今では私どもでも、仲間の業者でも「シリコン樹脂の低汚染性能」を持った塗料と、夏の暑さや冬の寒さを和らげる「遮熱効果のあるシリコン樹脂塗料」を多く使うようになってきました。
夏の暑さを塗料の性能で少しでも軽減して、家の中を少しでも快適にしようという塗料が主流になってきています。
それから、高機能な高級塗料を使用するケースが多くなってきましたが、実は、高機能なものを塗っておけば大丈夫と言うわけでもありません。
その家の外壁の劣化の度合いで、高級塗料が逆に不向きな場合もあります。
現状を見きわめて、提案してくれる業者はやはりとても大切です。
お見積もりの項目や金額だけでも大切なのですが、見積もりを取った業者さんが、どんな塗料を進めてくるのか?その根拠がとても大切です。

 

修繕が必要となる

修繕が必要となるディズニーランド 駐車場⑧確実な工事かどうか見極めるリフォーム業者から提出された見積書などの書類は前項までの流れでよしとします。
営業マンは、実際に施工してくれる職人さんと違いますし、本当に見積書のとおりの工程や項目で施工してくれるのだろうか?きちんとやってくれるのだろうか?ここが一番心配だと思しかし、います。
これからがポイントです。
写真をとってもらってください。
公共工事や建設工事で昔からやってきたことを一般のお客様の塗装工事でも行うのです。
工事写真とは、工事を行う前と実際どうやって工事が進み、最終的に、どのように塗ったのか、塗り終えた後を写真にとってもらうのです。
作業の途中経過と流れを写真に写すのです。
ここで大切なところは、どうやって施工してきたのか?を写真にとってもらうことなのです。
汚れやカビはどうやって除去したのか?などは塗ってしまったあとではやったのかやってないのかわかりません。
手抜きは隠れてしまうところで、実行されるわけですくとも、それを確認することができます。
カビや汚れを除去した写真、下塗りをやっている写真、中塗りをやっている写真、上塗りをやっている写真があれば、一日中監視していな実際施工しているこちらから言ってみればわずらわしい作業かもしれませんが、当然かなりの枚数の写真が必要になってきますが、ますこれで施主様がよろこんでくれるならこちらも喜んでやり
むしろ、面倒くさがったり、何かと反対意見を言ってくる業者は見せられない何かがあるはずです。
今の世の中、偽造では、やっている最中が省かれて、見えないところでとんでもないことが行われていて、消費者のことなど微塵にも考えていないといった事件でした。
このやっている最中を見せられるか、見せられないか?こそが、確実な工事をしてもらえるツボです。
外壁塗装の行程は下塗り、中塗り、上塗りの3回塗りが基本です。
しかし、その3回とも同じ色で塗ったのでは、3回ぬったのかどうかの確認は、塗った直後など、私たち職人がみてもわかりません。
ですから、それぞれの行程で、塗料の色を変えて塗ってもらい、行程ごとの写真を提出してもらうことが、手抜き工事を防ぐ最大のポイントです。
ほかの施工箇所についても同じように写真に写してもらいます。
「なにもそこまでしなくても·職人を信用していないようで、気が引ける」そんなご意見もあると思います。
やさしいお客様ですね。
ありがとうございます。
確かにひとつ仕事がふえますが、以外にやりでも、実際施工している職人から言わせてもらうと、やすいのです。

マンションであるかもしれない家族の理想ひび割れに追従し、ひび割れを長い間防いでくれる弾性性能、セラミックを配合してあるために外壁の静電気の発生を低減させて、汚れをつきにくくする低汚染性施主様がわからないことをいいことにいい品物を塗りますとだけ言う業者は要注意、業者の言いなり.任せっぱなしではいけません。
「口約束は不満足リフォームの入り口」になりますので、必ず使用する塗料のメーカー名と塗料名·そしてその塗料は何の樹脂を使用しているのかが、かれている書類に明記されていなければいけません。または説明してもらわなければいけないところです見積書や契約書などの工事の内容の詳細が書樹脂名?とは、→大まかに塗料の等級格付けは樹脂名で分類できます。
耐久性が高く長持ちする順から言うと一般的に子供の歯の虫歯予防にも使われたり、公共工事に多く使われるフッ素樹脂

次に整形手術で、人体にも使われるシリコン樹脂
次がウレタン樹脂そしてアクリル樹脂の順番になります。
ご紹介した最初のフッ素樹脂が一番高くて、最後のアクリル趣旨が一番安い等級になります。
その他、耐久性も非常に高く、ビノレや高速道路のインターチェンジのような、車の排気ガスが普通より多い建物などに多く使われる光触媒などがあります。
これらの00樹脂と記載されている書類には、例で言うと次のように記載されている事が望ましいです。

マンションの場合

家づくりを成功させるため外壁の中塗りと上塗りは日本ペイント製のメーカー名シリコン樹脂塗料:水性シリコンセラUV商品名なぜ明記するのかはもしあなたが業者からすすめられる塗料がどのくらいの等級なのかと商品名が明記されていれば、そのメーカーに電話をして、相談や確認することができるからです。
はたしてその塗料が我が家の壁の素材に適しているのかを確認しようとしたときに、塗料メーカーまた、パソコンができる方なら、インターネットで検索して調べることもできます。
20年くらい前は「アクリル樹脂の弾性性能を持った塗料」が外壁の塗り替えで非常に多く使われていました。
これはその当時、木造モルタル造の家が多く、外壁のひび割れが主な補修の壁が多かったために、事で、ひび割れを少しでも発生させないような工法が流行っていたからです。
少しでも長持ちするように、ひび割れに食い込んでいき、表面は固いのですが、弾性性能がある現在は一昔前に比べて、外壁の材料そのものがサイディングという窯業系の外壁材が多くなってきまして、シリコン樹脂塗料が主流になりつつあります。

今では私どもでも、仲間の業者でも「シリコン樹脂の低汚染性能」を持った塗料と、夏の暑さや冬の寒さを和らげる「遮熱効果のあるシリコン樹脂塗料」を多く使うようになってきました。
夏の暑さを塗料の性能で少しでも軽減して、家の中を少しでも快適にしようという塗料が主流になってきています。
それから、高機能な高級塗料を使用するケースが多くなってきましたが、実は、高機能なものを塗っておけば大丈夫と言うわけでもありません。
その家の外壁の劣化の度合いで、高級塗料が逆に不向きな場合もあります。
現状を見きわめて、提案してくれる業者はやはりとても大切です。
お見積もりの項目や金額だけでも大切なのですが、見積もりを取った業者さんが、どんな塗料を進めてくるのか?その根拠がとても大切です。

施工しているため

マンションであるかもしれない家族の理想綴じた資料にはページ数を打ちます⑧確実な工事かどうか見極めるリフォーム業者から提出された見積書などの書類は前項までの流れでよしとします。
営業マンは、実際に施工してくれる職人さんと違いますし、本当に見積書のとおりの工程や項目で施工してくれるのだろうか?きちんとやってくれるのだろうか?ここが一番心配だと思しかし、います。
これからがポイントです。
写真をとってもらってください。
公共工事や建設工事で昔からやってきたことを一般のお客様の塗装工事でも行うのです。
工事写真とは、工事を行う前と実際どうやって工事が進み、最終的に、どのように塗ったのか、塗り終えた後を写真にとってもらうのです。
作業の途中経過と流れを写真に写すのです。
ここで大切なところは、どうやって施工してきたのか?を写真にとってもらうことなのです。
汚れやカビはどうやって除去したのか?などは塗ってしまったあとではやったのかやってないのかわかりません。
手抜きは隠れてしまうところで、実行されるわけですくとも、それを確認することができます。
カビや汚れを除去した写真、下塗りをやっている写真、中塗りをやっている写真、上塗りをやっている写真があれば、一日中監視していな実際施工しているこちらから言ってみればわずらわしい作業かもしれませんが、当然かなりの枚数の写真が必要になってきますが、ますこれで施主様がよろこんでくれるならこちらも喜んでやり
むしろ、面倒くさがったり、何かと反対意見を言ってくる業者は見せられない何かがあるはずです。
今の世の中、偽造では、やっている最中が省かれて、見えないところでとんでもないことが行われていて、消費者のことなど微塵にも考えていないといった事件でした。
このやっている最中を見せられるか、見せられないか?こそが、確実な工事をしてもらえるツボです。
外壁塗装の行程は下塗り、中塗り、上塗りの3回塗りが基本です。
しかし、その3回とも同じ色で塗ったのでは、3回ぬったのかどうかの確認は、塗った直後など、私たち職人がみてもわかりません。
ですから、それぞれの行程で、塗料の色を変えて塗ってもらい、行程ごとの写真を提出してもらうことが、手抜き工事を防ぐ最大のポイントです。
ほかの施工箇所についても同じように写真に写してもらいます。
「なにもそこまでしなくても·職人を信用していないようで、気が引ける」そんなご意見もあると思います。
やさしいお客様ですね。
ありがとうございます。
確かにひとつ仕事がふえますが、以外にやりでも、実際施工している職人から言わせてもらうと、やすいのです。

家づくりを成功させるため

ホーム / インテリア / 家づくりを成功させるため

工務店の方には悪い

インテリアスタイル

ブロック塀は、その構造上半分が土に埋まっていて植木などが植わっている場合、常に湿気を帯びていて、水気が塗装するブロック塀は表から見て乾いていても、仲が空洞の部分があり、水が中にたまっていて抜けない構造になってしまっている場合があります。
そのような場合は、やはり湿気や中に入っている水分が悪さをして、塗装が膨れてきたりすることがあります。
そのように、工事そのものは終わってしまったが、工事後、不具合が生じるといったことが出てくる場合が無いとは言い切れません。
工事完了後の対応や、不具合に対する保障内容·アフターフォーローがあり、気持ちよく対応するのかを確認しておく必要があります。
実際問題として、訪れます。
外壁の塗料は、メーカーの技術の進歩と確実な施工で長い間保障できるのが現状ですが、それに比べて木の部分や鉄の部分は、素材そのものが違うため、外壁に比べ劣化が早く保障については、正しくは外壁なら何年·木の部分なら何年、鉄の部分なら何年と、部分ごとに分かれていなくてはいけません。
ここの部分を全部最初から15年保障いたします!なんて業者は本来なら5、ん6年たったくらいに、無償で木の部分や鉄の部分を塗らないと、15年なんてとても保障しきれるものではありませあまりにも長い保障期間を売りにしている業者は、職人として疑問でいっぱいです。
要注意!

業界の隠してきた秘密.等級格付け

に隠された真実この前のページでは、塗装業者が口が裂けてもいえないような秘密をお話ししたいと思います。
この事実を知っていると、異常に高い見積金額を見抜く判断材料になります。
適正な塗装工事の価格の目安は、大まかですが建坪30坪前後で、普及品の塗料中くらいの等級と思ってくださいを使用した場合、屋根を除く、外壁、木部や鉄部などの塗装と足場代金なども含めた工事総額は60万円から80万円位税抜きが相場だと思います。(現状の劣化の度合いにや外壁の種類によって異なります.あくまでも目安です。)普段から行程ごとに色を変えて作業し、写真を提出している業者で、前期のような金額の範囲なら間違いなく適正価格で仕上がりも期待できると思います。
しかし、世の中には利益追求型の業者も数多く存在します。
そして、新聞やニュースをにぎわすリフォーム詐欺や悪徳業者にひっかかり、あまりにも高すぎる金額を支払っているお施主様もいらっしゃいます。
冒頭に適正価格を明記しましたが、あるお客様で、「なんか高いような気がする」と見積もり書をみせていただいたことがあります。

リフォーム業界にい

そこには運搬搬入費販売事務経費など、会社にとって必要かもしれませんが、その一つ一つが1式¥90、000円1式¥50,000円と書いてありました。
それにしてはあまりにも高額すぎる金額が並んでいました。
そしてさらに、ウレタン樹脂塗料で仕上げた場合00円、シリコン樹脂塗料なら00円と塗料の等級によってお客様の方で選択できる見積もりになっていました。
それはそれで、たくってる!選択できる方式なのでよかったのですが、と正直むかついてきました。
よく見てみると、あまりにも金額が違いすぎて、私はびっくりすると同時に、お年寄りのお客様をいいことに、わからないと思ってぼっ
そこに平均的な、建坪30坪くらいのお家の外壁の量は150平方メートルくらいです。
仮に単価が1000円ちがうとすると15万円も違います。
外壁だけで、材料名が違うだけで15万円も違ってくるのですよ!
あまり大きな声ではいえませんが、塗料の問屋さんで、塗料を購入する時われわれは、1缶いくらで購入します。
商品にもよりますが150平方メートルくらいならたとえば、5缶使うと仮定したとき、この5缶で15万円もの金額の開きはありえません。
確かに1缶あたり高い塗料もあります。
でもこのとき見せていただいた見積書に書いてある等級の塗料は、それほど高い金額の塗料ではなかったのです。
等級の差による金額の開きはせいぜい1万円くらいが標準です。(あくまでも一般的によく使われるウレタン樹脂などの材料です)この例の場合、仮に金額の差が1万円だとすると5缶ですので、5万円の金額の差が本当です。
しかし実際の差は5万円にもなってしまいます。
およそ3倍!
等級の違いと、平方メートルあたりいくらという単価を面積でかけて金額を算出するのを隠れみのに実に、i0万円もの過剰な利益を乗せていました。
そして、外壁塗装は頻繁にできるものではありませんよね!いい塗料の方が、より長持ちしますので結果としてお得です
なんていわれれば、長持ちしたほうがいいと思ったら、そちらを選ぶことになると思います。
そして、実際工事を行うのは何度も言いますが職人です。
仕事を取ってくる営業マンではありません。

 

家づくりの方法があ

家づくりの方法があ家づくりを成功させるためその職人さんは、主に手間賃で働いているケースが多いので、等級の高い塗料を塗っても低いグレードの塗料を塗っても、稼げるお金は変わらないのです。
たしかに、グレードが高くなるにつれ、塗料の缶あたりの金額はたかくなりますが、今の例で言うと、1平方メートル当たり約300円くらいの金額の違いが妥当だと思います。
同じ工事内容と同じ塗料·同じ工法で何十万円もの金額の差が、単なる見積書上の計算式でちがってきてしまう恐ろしい現実を目の当たリにした瞬11でした。
相見積もりをしなかったらわからなかったことです。
どの業者も等級の差による金額のマジックについては触れようとしません。
なぜなら、そこが儲けどころだからです。
だまっていれば、わからないようなお客様と出会ったときに、利益率が上がり、いつもより多く儲けることができるからみんな言わないのです。
せっかく仕事をさせていただくのだから、頼んでくれたお客様には、なにか得をしてもらいたいと願うのが、職人だと思います。
また、職人側としても、「丁寧にやってくれてありがとう!」と、お客様に言われれば、自介の仕事に誇りが持てますし、「父さんがやっている仕事は、人に喜ばれる仕事をやっているんだ!」と、自慢できます。
自ガの家族や子供にも、
職人さんは、口下手で寡黙な人が多いですが、実は話好きだったり、ものすごく優しかったりするのです。
そして自分の仕事に誇りをもって取り組んでいる人が多いので、騙そうとすることを率先してやっている人は本当に、握りの人たちだけなのです。
そして、お客様の方もきちんとやってほしいと考えられていると思うのですが、からこそ、最終的な金額だけでの比較になってしまうのもよくわかるお話です。
リフォームを頼むにあたり、わからない事や業界の実情や、見積書の見方や高いか安いかの判断が付きにくいだからこそ、私はその橋渡し役となり、しかったのです。
これから塗装リフォームを頼まれる方に、これ以上母のような気持にさせたくありませんし、真面目にやっている職人さんや業者がいることをわかってほ
おまけリフォームによる思わぬトラブルリフォーム工事前には近隣にお住いの方にご挨拶をJ。
「工事中は近隣にお住まいの方へ、十分配慮しましょう」当たり前の事なのですが、ご近所さんと普段から仲がいいからといって少々の事なら大丈夫!と思い込まないで下さい!
実際に仲が良いからこそ、些細な事で文句を言っては角が立ちそうで、結局いえなくて抱え込んでしまうケースがあります。

部屋が四階建ての最上階で眺めもよくブロック塀は、その構造上半分が土に埋まっていて植木などが植わっている場合、常に湿気を帯びていて、水気が塗装するブロック塀は表から見て乾いていても、仲が空洞の部分があり、水が中にたまっていて抜けない構造になってしまっている場合があります。
そのような場合は、やはり湿気や中に入っている水分が悪さをして、塗装が膨れてきたりすることがあります。
そのように、工事そのものは終わってしまったが、工事後、不具合が生じるといったことが出てくる場合が無いとは言い切れません。
工事完了後の対応や、不具合に対する保障内容·アフターフォーローがあり、気持ちよく対応するのかを確認しておく必要があります。
実際問題として、訪れます。
外壁の塗料は、メーカーの技術の進歩と確実な施工で長い間保障できるのが現状ですが、それに比べて木の部分や鉄の部分は、素材そのものが違うため、外壁に比べ劣化が早く保障については、正しくは外壁なら何年·木の部分なら何年、鉄の部分なら何年と、部分ごとに分かれていなくてはいけません。
ここの部分を全部最初から15年保障いたします!なんて業者は本来なら5、ん6年たったくらいに、無償で木の部分や鉄の部分を塗らないと、15年なんてとても保障しきれるものではありませあまりにも長い保障期間を売りにしている業者は、職人として疑問でいっぱいです。
要注意!

業界の隠してきた秘密.等級格付け

に隠された真実この前のページでは、塗装業者が口が裂けてもいえないような秘密をお話ししたいと思います。
この事実を知っていると、異常に高い見積金額を見抜く判断材料になります。
適正な塗装工事の価格の目安は、大まかですが建坪30坪前後で、普及品の塗料中くらいの等級と思ってくださいを使用した場合、屋根を除く、外壁、木部や鉄部などの塗装と足場代金なども含めた工事総額は60万円から80万円位税抜きが相場だと思います。(現状の劣化の度合いにや外壁の種類によって異なります.あくまでも目安です。)普段から行程ごとに色を変えて作業し、写真を提出している業者で、前期のような金額の範囲なら間違いなく適正価格で仕上がりも期待できると思います。
しかし、世の中には利益追求型の業者も数多く存在します。
そして、新聞やニュースをにぎわすリフォーム詐欺や悪徳業者にひっかかり、あまりにも高すぎる金額を支払っているお施主様もいらっしゃいます。
冒頭に適正価格を明記しましたが、あるお客様で、「なんか高いような気がする」と見積もり書をみせていただいたことがあります。

工務店の方には悪い

装飾の復権を唱えたポストモダン以降の建築家そこには運搬搬入費販売事務経費など、会社にとって必要かもしれませんが、その一つ一つが1式¥90、000円1式¥50,000円と書いてありました。
それにしてはあまりにも高額すぎる金額が並んでいました。
そしてさらに、ウレタン樹脂塗料で仕上げた場合00円、シリコン樹脂塗料なら00円と塗料の等級によってお客様の方で選択できる見積もりになっていました。
それはそれで、たくってる!選択できる方式なのでよかったのですが、と正直むかついてきました。
よく見てみると、あまりにも金額が違いすぎて、私はびっくりすると同時に、お年寄りのお客様をいいことに、わからないと思ってぼっ
そこに平均的な、建坪30坪くらいのお家の外壁の量は150平方メートルくらいです。
仮に単価が1000円ちがうとすると15万円も違います。
外壁だけで、材料名が違うだけで15万円も違ってくるのですよ!
あまり大きな声ではいえませんが、塗料の問屋さんで、塗料を購入する時われわれは、1缶いくらで購入します。
商品にもよりますが150平方メートルくらいならたとえば、5缶使うと仮定したとき、この5缶で15万円もの金額の開きはありえません。
確かに1缶あたり高い塗料もあります。
でもこのとき見せていただいた見積書に書いてある等級の塗料は、それほど高い金額の塗料ではなかったのです。
等級の差による金額の開きはせいぜい1万円くらいが標準です。(あくまでも一般的によく使われるウレタン樹脂などの材料です)この例の場合、仮に金額の差が1万円だとすると5缶ですので、5万円の金額の差が本当です。
しかし実際の差は5万円にもなってしまいます。
およそ3倍!
等級の違いと、平方メートルあたりいくらという単価を面積でかけて金額を算出するのを隠れみのに実に、i0万円もの過剰な利益を乗せていました。
そして、外壁塗装は頻繁にできるものではありませんよね!いい塗料の方が、より長持ちしますので結果としてお得です
なんていわれれば、長持ちしたほうがいいと思ったら、そちらを選ぶことになると思います。
そして、実際工事を行うのは何度も言いますが職人です。
仕事を取ってくる営業マンではありません。

施工店さんで価格合うのか建築

部屋が四階建ての最上階で眺めもよく装飾の復権を唱えたポストモダン以降の建築家その職人さんは、主に手間賃で働いているケースが多いので、等級の高い塗料を塗っても低いグレードの塗料を塗っても、稼げるお金は変わらないのです。
たしかに、グレードが高くなるにつれ、塗料の缶あたりの金額はたかくなりますが、今の例で言うと、1平方メートル当たり約300円くらいの金額の違いが妥当だと思います。
同じ工事内容と同じ塗料·同じ工法で何十万円もの金額の差が、単なる見積書上の計算式でちがってきてしまう恐ろしい現実を目の当たリにした瞬11でした。
相見積もりをしなかったらわからなかったことです。
どの業者も等級の差による金額のマジックについては触れようとしません。
なぜなら、そこが儲けどころだからです。
だまっていれば、わからないようなお客様と出会ったときに、利益率が上がり、いつもより多く儲けることができるからみんな言わないのです。
せっかく仕事をさせていただくのだから、頼んでくれたお客様には、なにか得をしてもらいたいと願うのが、職人だと思います。
また、職人側としても、「丁寧にやってくれてありがとう!」と、お客様に言われれば、自介の仕事に誇りが持てますし、「父さんがやっている仕事は、人に喜ばれる仕事をやっているんだ!」と、自慢できます。
自ガの家族や子供にも、
職人さんは、口下手で寡黙な人が多いですが、実は話好きだったり、ものすごく優しかったりするのです。
そして自分の仕事に誇りをもって取り組んでいる人が多いので、騙そうとすることを率先してやっている人は本当に、握りの人たちだけなのです。
そして、お客様の方もきちんとやってほしいと考えられていると思うのですが、からこそ、最終的な金額だけでの比較になってしまうのもよくわかるお話です。
リフォームを頼むにあたり、わからない事や業界の実情や、見積書の見方や高いか安いかの判断が付きにくいだからこそ、私はその橋渡し役となり、しかったのです。
これから塗装リフォームを頼まれる方に、これ以上母のような気持にさせたくありませんし、真面目にやっている職人さんや業者がいることをわかってほ
おまけリフォームによる思わぬトラブルリフォーム工事前には近隣にお住いの方にご挨拶をJ。
「工事中は近隣にお住まいの方へ、十分配慮しましょう」当たり前の事なのですが、ご近所さんと普段から仲がいいからといって少々の事なら大丈夫!と思い込まないで下さい!
実際に仲が良いからこそ、些細な事で文句を言っては角が立ちそうで、結局いえなくて抱え込んでしまうケースがあります。